人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

3回目の、芸術祭

あっという間の3年でした。
入学したその年の「芸術祭」を夫婦で初めて見に行ったとき、
「うわっ、3年生にもなるとこんなにレベルの高い事やるんだ。」、そう思いました。
それが、もう今3年生なのですよね。
在学中にあと1回しか見に来れないのかと思うと、少々残念ではあります。
彼女は相変わらず個人的に趣味で作っているものは、いわゆる「カワイイ系」ですが、
授業やデザイン事務所、企業などと共同で行っている作業は少し大人びて来ているように思います。




う~ん、こういうの作る学生って幼少時代どんな子供だったんだろう。
f0064359_2001912.jpg



たくさんの腕時計を分解したパーツで組み上げたカメさん。
f0064359_201406.jpg



この手のアートはワタクシにも分かりやすくて、よい。
f0064359_2025465.jpg



遠くから見たら精巧なオブジェだと思ったら、居眠りこいている学生だった。
f0064359_207328.jpg




ここの展示ブースは、あや達の授業の一環として作成された作品(広告ポスター)。
f0064359_208411.jpg

f0064359_2091996.jpg

f0064359_209551.jpg

f0064359_20124216.jpg

f0064359_2011017.jpg



展示物だけではなく、いろんな場所でランダムに発表され続けるパフォーマンス、映像の上映などがあり、とても1日だけでは回りきれません。
また毎回楽しみにしているテキスタイルデザイン科のパフォーマンス(ファッションショー?)を見ることができませんでした。
土曜日の悪天候のせいで、日曜日に来客数が集中してしまったため、当日券が即完売になってしまったとのことでした。
これは多摩美の芸術祭の中でも最大の名物になっているようです。
来年は前売り券を忘れずに買っておこっと。


All photos・・・
 PENTAX K200D  FA35mm f2AL 



All photos・・・
OLYMPUS PEN E-PL1   M.ZUIKO DIGITAL ED  14-42mm   F3.5-5.6


by flyfishist | 2010-10-31 20:36 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(2)
2010年 10月 23日

突発的の、本栖湖

来週末に大学の芸術祭を控え、その準備で連日2時間程度しか睡眠をとっていない娘を、
朝8時に小田急線の栢山駅まで送って行きました。
それから家に帰り、お茶を飲み、新聞を持ってトイレに入ります。
天気はとてもよく、無風で快晴。
トイレの窓から裏の山を見ますと、網戸にカメムシが・・・。

・・・カメムシ。

心を落ち着かせるため、ブルックスのコーヒーをいれ、バタートーストを2枚。
仕上げにバナナ一本と、小ぶりなみかんを二つ。
そのころには、すでに数年ぶりの本栖湖へと心は固まっていました。

どたばたと準備を始め、家を出たのが11時過ぎです。
途中、先週借りていた「イージーライダー」のBDをTSUTAYAに返し、交通量の多いR246で富士山のふもとへ向かいます。

数年前によく通った本栖湖のポイントにはフライマンが3人のみ。
状況を聞きますと、そのうちの二人だけが何とか1匹づつの釣果とのこと。
沖の湖面を見ましてもライズは見当たりません。

朝見たトイレのカメムシの大きさをイメージしフライをチョイスします。
30分ほどたったころ、射程距離内でライズが2回。
白く光る逆光の水面にはっきりとマスの頭が出ました。



湖でのドライフライでの釣果は久しぶりで、なんかとてもワクワクいたしました。
動画をあらためて家で見ますと、こういう状況下、ワタクシは何にもしゃべっていないのですね。
なんか思い起こしてみると、「よっしゃ~、やったぁ~、おおぉ、まあまあ良い型じゃん!」
などとつぶやいていたように思うんですが、結構淡々と作業をこなしているだけって感じですね。
「コイツ、本当に楽しいのか?」と思われるかもしれませんが、
ドッコイ、めっちゃ楽しいです、はい。


その後は向かい風が吹き、水面が波立ち始めライズはぱったりと止んでしまいました。
ちょっと陽が傾き始めると途端に気温が下がり、一気に戦意喪失です。
午前中はポツポツライズがあり、マスももっとやる気があったようです。
ただ例年に比べ水温がやはり高く、11月の中旬くらいにならないと本格的にならないかもしれません。



All photos・・・
OLYMPUS PEN E-PL1   M.ZUIKO DIGITAL ED  14-42mm   F3.5-5.6


by flyfishist | 2010-10-23 23:20 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)
2010年 10月 16日

疲れたぁ、シブブラ(渋谷ブラブラ)

本日は、渋谷へ行ってまいりました。
西武渋谷店A館7Fで行われている、Kawaii賞展
これに応募したアヤの作品が入選し展示されているのです。

今回は家族のなかで行けるのがワタクシ一人だけなので、電車に乗って行ってきました。
渋谷のスクランブル交差点なんかを渡ったのは実に30年ぶりくらいです。
学生の時に何度か通った、道玄坂の確か上の方の右に入ったあたりのライブハウス、
名前もすっかり忘れちゃいましたが今はもう無いようです。
以前、そのライブハウスのトイレで小用しているとき、
隣にギタリストの渡辺香津美さんが来てびっくりした覚えがあります。

それにしましても、長い間神奈川県の西側と静岡県の東側、それに北関東と甲信地方ばかりにしか行かないワタクシにとっては、
やはり渋谷の連日大狂騒状態のような環境は誠に疲れ果てます。

ところで、街行く人たちのファッションは、老若男女問わずやはり独特です。
冷静に観察すると、特にあの若い方々のスットンキョな出で立ちは、
「ねえキミ、ちょっとスットンキョが過ぎやしないか?」と尋ねたくなります。

角のパチンコ屋さんの店先で、チンドンしていたチンドン屋さんが全く目立ちませんでした。
ああ、そっか、あれくらいのスットンキョさがないと、逆に渋谷あたりでは目立っちゃって困るのかもしれません。
彼らがワタクシたちFlyfishistの、“例のあの格好”見たら、相当のカルチャーショックを受けちゃうんでしょうねえ。


A:渋谷ギャル1名を大見川小川橋の上に1時間立たせる。(ウダウダと文句は言わせない)
B:“例のあの格好”のFlyfishist1名をセンター街入り口に1時間立たせる。↓ ↓ ↓
f0064359_2145204.jpg



Aは、「ああ、春だなあ。」と目撃者は思うだけでしょうが、
Bは、間違いなく騒乱罪でタイホでしょうね。

そう考えると我々Flyfishistの方が、う~~ん、よっぽどスットンキョだったという結論に達しました。

by flyfishist | 2010-10-16 21:55 | フライフィッシング | Trackback | Comments(6)
2010年 10月 12日

あたらしい、ぱそこん。

約7年使用し続けたSONYのVAIO。
ここ数か月、非常に調子が悪く、2度のリカバリーでも完全復活してくれません。
何時間もかけて作った資料が、突然のフリーズでダメになったことも何度か・・・。

OLYMPUSのE-PL1で撮った動画なども、CPUの能力的問題で快適に見られません。
「う~~~~ん・・・」、と考え続けて1か月。
やっと買いました。
今度はやはりある程度画面の大きなデスクトップがいいなと。

昨日あたりようやくセットアップとデータ移植が終わりました。
モニターは21.5インチのFULL HD 1920×1080ドットの高精細。
このモニターで過去に撮りためたデジカメ写真を、
ランダムスライドショーで何時間もかけて見ました。
ロン・カーター、キース・ジャレット、マッコイ・タイナーの音源を、
やはりランダム再生しながら・・・。

ここ十年ちょっとの我が釣行記録の断片を、
お酒を飲みながらこのように眺め続けていますと、
なんとも、うら悲しい様な・・・、薄っぺらい様な・・・。

しかし、しばらく見ているうちに、・・・あれ?、自分はなんとまあ愛おしい存在か、と。
ああ、一生懸命釣りをし続けているなあ、なんだろうなあ、このおじさん。

このような小さなデジタルの断片の塊で、このPCのハードディスクが物理的な破損を受けるまで、
少しずつワタクシの人生は構築され続けるのでしょうね。


しかし、高精細モニターで見るデジタル画像はあらためて感動的な描写です。
特に、PENTAX DS2及びK200Dと28mm、35mmの単焦点レンズで過去に撮影した写真は、
息をのむほど(ちょっと大げさか)であります。
単に細かくきれいに写るということではなく、色と質感の再現性が素晴らしく、
今はやりの3D映像よりも立体的に感じます。

f0064359_23313024.jpg



というわけで、今シーズンのFly Fishing関係の(自然渓流における)投稿は終了させていただきます。
See you again next spring,at that stream.

by flyfishist | 2010-10-12 23:37 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(5)