人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

遠い遠い、岐阜県宮川水系

岐阜県も良質の渓流の宝庫です。
毎年、年数回は訪れているのに、今年は初めてです。
それだけ今年は、ハイシーズンに栃木県の“あの”川へいかに偏執していたかが分かります。

今回は久しぶりの4人編成。
自宅から5時間以上もかかるため、同行メンバーが多いほど心強いです。
しかも常人では考えられない日帰り釣行。
ワタクシに日曜日のお昼ころ仕事が入ってしまっているため、
お泊りを望んでいたみんなには迷惑をかけました。

さて、目指す川は決して大きくはありません。
でも毎回まあまあ型の良いイワナたちが素直にパクパクフライを咥えてくれ、
高地独特の爽やかさも伴い大好きな渓流のひとつです。


当日は先行者を含め多数の釣り人たちが、渓沿いの林道を右往左往しておりました。
聞くところによると、8月の夏休み期間相当数の釣り人が訪れ、
その後パッタリとイワナの数が激減したそうです。

渓流釣りをして絶対に渓魚をもって帰るな、とは言いませんが、
やはり上流部の小渓流ではそのダメージは相当なものとなります。


この小さな渓流の本流筋からは、先行者のためか反応がほとんどありません。
ふと、左岸のブッシュの中を見ると、静かに細い分流があります。
渇水にもかかわらず、しっかり生きた水を流しているようです。
ちょっと覗きに入ってみます。

小さな小さな落ち込みや、深みには本流筋では決して見られなかった多数のイワナの姿が確認できました。
大きさはみんな7寸程度ですが、透明度の高い冷水の中を強い太陽の陽を浴び、
元気いっぱいに泳ぐ姿を見るということは実にわくわくいたします。

心優しいNaturalist以前に、ワタクシはれっきとしたFlyfishistなわけで、
やはり、しばらく泳ぐ姿を観察した後は、とーぜんフライを浮かべてみたのでした。


まるで自然の作り出したビオトープの様な生活環境。
ほほえましいことに、この倒木の下に5,6匹のイワナたちが見え隠れしていました。

f0064359_23616.jpg



このちっちゃな流れで育ったのか、大きさの割りに立派な身体のつくりと、発色、配色をしております。
f0064359_2373649.jpg



山の生き物達は、とっくに秋の到来を感じ取っているのに、
我々ホモサピエンスは、連日居残り続ける夏の残骸を本気で恨めしく思っているのです。

f0064359_23144857.jpg





なかなか釣れないと、やっと手にできたイワナたちを全力で愛でたりします。










All photos・・・
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 M.ZUIKO DIGITALED 14-42mm F3.5-5.6


by flyfishist | 2010-08-29 09:12 | フライフィッシング | Trackback | Comments(3)
2010年 08月 22日

初めての!群馬県

考えてみると、渓流の宝庫である群馬県で、過去一度も釣りをしたことがありませんでした。
理由はありません。
たまたまです。

毎年この時期になると釣りに行く場所が無くなって苦労いたします。
で、今回思い切って群馬県片品川水系に行ってみたのです。

今回は釣れたイワナ、ヤマメも小型ばかりで今ひとつ盛り上がりにかけました。
時期的にやはりあまりよくはありませんでしたが、
でも環境の良さ、川のコンディション、魚影の濃さはやはりさすがです。

次回は6月、7月の水生昆虫大騒ぎの時期に是非また訪れたいと思いました。


f0064359_1243844.jpg


f0064359_126715.jpg





















All photos・・・
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 M.ZUIKO DIGITALED 14-42mm F3.5-5.6


by flyfishist | 2010-08-22 12:38 | フライフィッシング | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 17日

日本テレビ DON! 出演?

本日、8月17日 AM11:55 日本テレビのDON!に、
娘の彼氏が出演するそうです。

彼の作っている段ボール紙のクラフトが紹介されるそうです。
彼は娘と同じ大学で、やはりデザイン系の勉強をしております。

何度か家にも遊びに来たことがありますが、ちょっとズッコケ系で憎めません。
さあ、果たして今回はズッコケず無事完走できるか。
なんだかヤラカシテくれそうな感じがしないでもない・・・。
でも多分、数十秒程度、ちょこっと映るだけだろうと思います。

紹介してくれるのは吉本のサバンナの二人だそうです。

by flyfishist | 2010-08-17 00:44 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 16日

OLYMPUS E-PL1 小田原路地裏

道は混んでるし、暑いし、どこ行っても釣れそうにないし・・・。
こうも暑い時は、カメラを持って炎天下散歩が風流です。

午後のもっとも暑い時間、OLYMPUS E-PL1とウェストバック1個で
小田原の人っけの無い路地を3時間以上もうろつきました。

こういうシュチュエーションでは、真っ黒なデジタル一眼の塊を持ち歩いている時より、
この手のカメラのほうが圧倒的に怪しまれませんね。
・・・途中、あまりの暑さにめまいがして死にそうになりましたけど。

小田原って結構このような、昭和20~30年代ころの建物が多く残っています。
トイフォト
f0064359_19352126.jpg


少年院の古い外壁。
トイフォト
f0064359_19362495.jpg


真っ赤なポストと真っ青なバイスクル。
持ち主が意識して置いたのなら、拍手3つ。

f0064359_19365424.jpg


JRのガード下に入れば少しは涼しいか、いやいやすでに熱玉圧力に侵されていました。
ファンタジックフォーカス
f0064359_19372323.jpg


タワーパーキングの裏側。バベルの塔、1日1000円。

f0064359_19375537.jpg


コインパーキング脇の悲しいエアーズロック。

f0064359_19383429.jpg


門の隙間から覗いたら、覗かれた。
i-FIMISH
f0064359_19391217.jpg


背面の朱に負けないよう、通常の1.5倍の葉緑素保有。

f0064359_19405997.jpg


今年もがんばって上昇する蔦。ブロック塀には何度も剥がされた痕跡が。

f0064359_19431625.jpg


こうも配色がくどいと、真夏の午後にここでジュースを買う気力が萎えます。

f0064359_19434212.jpg


このお店、今度、晩秋の夕方に来よう。
ファンタジックフォーカス
f0064359_1944937.jpg




とか、ファンタジックフォーカスなどは、このカメラに搭載されているデジタルフィルター。
写真って必ずしもシャープでクリアなものだけがイイって訳じゃないですね。
このようなスナップでは、なかなかオモシロイ。
ただ、これに頼って多用するとものすごく陳腐になりそう。
ヤマメ、イワナはやはり透明感あふれる写真の方が良いですね。



All photos・・・
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 M.ZUIKO DIGITALED 14-42mm F3.5-5.6


[E-PL1] ブログ村キーワード

by flyfishist | 2010-08-16 21:27 | 小田原、南足柄近辺 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 14日

OLYMPUS E-PL1・・・PEN Lite!!

久しぶりの新しいデジカメ。
新規購入にあたり、あれやこれやで約3ヶ月迷いました。

今までのメインカメラは、PENTAX K-200D。
コストパフォーマンスは最高で、条件がピッタリはまった時の画像は、
まさに息を呑むほどです。

しかし、重い、でかい。
かといって、コンパクトデジカメでは・・・、う~~ん。
で、数ヶ月前から検討したのがPENTAX K-X。
何度も何度も、実機をいじくりまわせる量販店へ行ってました。

このカメラも非常にコスパが高く、機能、デザインとも気に入りました。
一時は100種類から選べるカラーバリエーションからやっと候補を選び出し、
購入寸前までいったのに今ひとつ踏み切れませんでした。

K-X・・・、K200Dに比べれば確かに小型で軽量化されてはいますが、
なにか、こう、むりやり作った感がどこかあります。
次期モデルに期待いたします。

何度か量販店に行っているうちにやはりどうしても気になりだしたのが、
マイクロフォーサーズ採用のLUMIXたち。

LUMIXの現行3機種、すべて完成度が高い。
この中でも特にGF-1が気に入りました。

さらにOLYMPUSのデジタル ペンの3機種も気になり始めました。
そしてとうとう、マイクロフォーサーズの機種の中でもっとも購入の可能性の低かった、
OLYMPUS E-PL1(PEN LITE)を昨日買ったのです。

操作性やデザイン、価格、性能が良いカメラは他の機種の方が勝っていたりします。
しかも、ワタクシ的にもっともありえなさそうなホワイトをチョイスいたしました。
女子カメラ御用達です。

決して血迷ったわけではありません。
実際手にとっていじっているうちに、なぜか親しみがわいてきて手になじんでくる。
操作系はコンデジっぽく、決して快適ではありません。
デジタル一眼になれちゃうと、まどろっこしくなることも少しはあります。
撮像素子もAPS-Cに比べれば、ひと回り小さくなりノイズなども気になりますし・・・。
じゃあ、なんで??
モノってフシギですね。

とにかく早速、近くの最乗寺へテスト撮影に行ってきました。
早く操作系や画像のクセをマスターするため200枚以上撮ってまいりました。
そうとう慣れました。
いいです、ほんとよさそうです。
1枚1枚じっくり腰をすえて撮れる感じです。
シャッターフィーリングもイイ。

解像感、ノイズの少なさはまったく心配する必要がなかった。
ラチュードも広く家に帰ってからPCで確認した画像に「おおっ!」となりましたよ。
ちょいとバカにしつつも興味のあったアートフィルターも面白いし、
期待以上の動画画質もGOOD。
今後の釣行記録も、この手軽なHD動画も間違いなく多くなると思います。


今日は湿度も高く、太陽光も少ない。
撮影条件は決してよくなかったけれど、
初めてのマイクロフォーサーズへの不安は払拭されました。


f0064359_23324355.jpg


f0064359_2336254.jpg


f0064359_23363095.jpg


f0064359_2337149.jpg


f0064359_23372937.jpg


f0064359_23374684.jpg

※アートフィルターや露出補正をかけたものもあります。


動画も初挑戦です。






All photos・・・
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 M.ZUIKO DIGITALED 14-42mm F3.5-5.6


[E-PL1] ブログ村キーワード

by flyfishist | 2010-08-14 00:11 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 01日

森のイワナ

暑いです。
こんな時は山の森に逃げます。
今週は珍しく単独釣行となり、例によって家を出たのが9時過ぎの社長出勤。


初めて入る八ヶ岳山麓の深い森の中を流れる渓流。
入渓点も脱渓点もはっきり分からないその最上流部へ行ってみました。

比較的穏やかな山なので、地図を持って熊笹の明るい森に踏み入れます。
誰もいない静かな森を、遠くに渓の瀬音を聞きながら、鹿の通り径だけを頼りに進みます。
f0064359_11321350.jpg


この森に暮らすイワナたちは、みんな小型で幼い顔をした個体ばかりでした。
石の間にイワナを横たえてみると、この川の石たちがなにか特別に生命を与えられ、
それがイワナになったのかもしれない・・・
などと、ちょっとメルヘニストでキュートなワタクシ。
f0064359_11385861.jpg


時間も3時を過ぎ、帰りのルートが少々心配になりはじめます。
山と谷の形状から判断し、ハイキングルートが近くにあると思いゆるい熊笹斜面を登り始めます。
渓沿いは長袖シャツでちょうど良かった気温が、斜面を登り始めると同時に猛烈に汗が噴出しました。

なんとその森の中、結局1時間以上もさまよい続け、
やっとこさ荒れたハイキングコースに出ることができました。
危うく、八ヶ岳登山史上最も低い場所での遭難事故になってしまうところでした。



All photos・・・
PENTAX K200D  FA28mm f2.8AL 


by flyfishist | 2010-08-01 11:49 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)