人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 28日

藤岡製作所!!??

いったいどーゆー製作所なんでしょうか?

ロッド製作は言うに及ばず、ボード製作がいつの間にかこんなに本格的になってきちゃっています。

もう年なんだし、顔を何針も縫って、・・・・ダイジョウブなんでしょうか、・・・・誰か止めなくても。

いいんです!
もっとイケイケで!
このままあと四半世紀続けて欲しいです!
自分の身近にこーゆーハチャメチャ製作所があるとなんか元気が出ます!

ネコ撮り、もっともっとアップ願います。

↓藤岡製作所↓ ※特に湯河原ねこクラブ、いいですよ。
http://www.22hill.com/

by flyfishist | 2007-06-28 23:37 | フライフィッシング | Trackback | Comments(2)
2007年 06月 25日

フッキングの天才

木々の間から見える流れの筋に、明らかに尺を越すイワナが静かに水面に口だけを出すライズを繰り返している。

午前中スカリまくってたこのお方、とうとうフッキングさせた!
オオッ、すごい引き、とうとうこのお方に釣られちゃった、でかいぞ、のされてる!
フッキングの天才_f0064359_0101128.jpg





う~~ん・・・?   イワナの友釣りかよっ!並みの背掛りです。
フッキングの天才_f0064359_22345059.jpg


by flyfishist | 2007-06-25 23:36 | フライフィッシング | Trackback | Comments(5)
2007年 06月 23日

忍野は【大物】がいっぱい

アヅイ。
今日は家でジッとしてよう、と自分の気持ちに嘘をつけてたのも昼過ぎまで。

こんな時間に集合かけて「アラヨッ」と乗ってくるのはただひとり。
2時に我が家へお迎えに来てもらって目指すは避暑地の忍野。
金田一、富士急前はポイントに入れずあぶれたフライ難民が右往左往するくらいの大混雑です。
みんな下界が暑いので釣りと避暑の抱き合わせセットの忍野詣でなんでしょうね。

ワタクシ達がやっと入れたポイントの後ろもひっきりなしに難民たちが行ったり来たり。
あまりにもむさくるしいので、むさくるしさの原因でもあるワタクシらが上流のテニスコート裏へと退散します。

あらら?下流域の混雑ぶりは一体なんだったのか?と思えるくらい空いています。

と、そこに見慣れた巨体がもう一体、コジマさんではないですか。
今日来ている!
こちらの連れであるクドウおじさんの巨体と忍野で合体!
沈みかけた太陽に照らされて暑苦しさ3倍増しとなりました。

この二人いつまでも巨体に似合わずヒソヒソ、クククッと小声でなにやら怪しげな会話をしばらくしておりました。
忍野は【大物】がいっぱい_f0064359_23263318.jpg


All photos・・・
★ with Canon PowerShot A520 ★


by flyfishist | 2007-06-23 23:29 | フライフィッシング | Trackback | Comments(6)
2007年 06月 22日

フライフィッシャー8月号

今月号の「フライフィッシャー誌」に、「桂の権化」こと「桂キク蔵」こと「kikuちゃん」が遠藤さんとともに登場しております。
ファイティング&ランディングシーンの爽やかなスカッパレな笑顔は憎らしいほど完璧です。
いったいいままで何匹のシャクオナゴがその笑顔に釣られてランディングされちゃったんだろか。
ワタクシの目の前で今度その笑顔を見せたらホッペツネツネしちゃうぞぉ。




さらにページをパラパラめくるとムムッなんかいつも見慣れた後姿・・・。
右斜め7度に傾いたこのキャスティングスタイル・・・。
そうなんです。
マサルくんなのです。2007/3/17 大見川にて。
フライフィッシャー8月号_f0064359_22151075.jpg

なんだかコイツ、ミョウに写真の撮られ方が様になっておるではないか!
そーだよなあ、いつもワタクシが彼の後ろから、まるでイワナの肛門から出てきた寄生虫のようにフラフラ付いてまわり一眼レフでカシャカシャ連写してるんですっかり慣れちゃってんだろうなあ。

記事をじっくり読んでみました。
な~~んだ、結局取材のときもいつもの週末と変わらない結末だったのね。

で、記事の最後にこうありました。
Q:「初めての川で尺オーバーをねらう場合、みなさんはどうしてます?」

ワタクシの答え
A:ピーコックボディーのエルクヘアカディスをしつこく流す、ね、クドウおじさん。
  (でもこれホント結構正しいかも。)

by flyfishist | 2007-06-22 22:15 | フライフィッシング | Trackback | Comments(1)
2007年 06月 17日

青い空と白馬岳

お恥ずかしながら、ワタクシこの白馬の絶景を始めてナマで見ました。
スンゴイ!
過去雄大な景色を見て、うぉ~!と思ったのは白神のどこまでも続くぶなの大原生林をある峠から見たとき以来です。


山岳部だった高校の時のカノジョ「まこちゃん」が夏休みに白馬から送ってくれた絵葉書を思い出します。
「ワタクシの青春を返えせっ~~」と、とりあえず誰かに言ってみる。

青い空と白馬岳_f0064359_14243198.jpg

青い空と白馬岳_f0064359_1425544.jpg


景色の三原色は「」「」「
青い空と白馬岳_f0064359_14344579.jpg

青い空と白馬岳_f0064359_14305844.jpg



All photos・・・
★ *istDS2  DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★


by flyfishist | 2007-06-17 14:40 | フライフィッシング | Trackback | Comments(7)
2007年 06月 14日

ぬけがけ。

平日の夜にこんな写真が送られて来ました。
クドウおじさんからです。
一泊二日で東北方面へ行ったそうです。

で、例の川の本流の例のドデカプールでいきなりこんなのを釣ったそうです。
毎年同じ時期の同じポイントで粘った甲斐がありましたネ。

本来はワタクシに釣られる予定だった32センチ。
今回に限りクドウおじさんに釣られてあげました、チェッチェッ!
ぬけがけ。_f0064359_22525533.jpg



同行者はこの二人、20数年来の釣り友リュウちゃんとワタクシらの網職人のイッケダさん。
ぬけがけ。_f0064359_22553036.jpg



オマイラ呪っちくりちやる!

by flyfishist | 2007-06-14 23:00 | フライフィッシング | Trackback | Comments(5)
2007年 06月 10日

やっぱり我慢できない!

朝9時半にGUROさんから電話。
「今、海老名サービスエリアですっ~」って、
この大雨でどこ行くってんだ?!
「あのねえ、こっちは雷と大雨だよ」

で、彼は再び潮風かおる三浦半島へ引き返していったのです。
・・・・可愛そうーに、ケケッ。


ワタクシは窓の外の篠突く雨の様子をベッドの中から眺めながら余裕で再び眠りについたのでした。
昼過ぎに再び目覚め、窓外を見ると空は曇ったままなのですが、心なしか明るくなったような気がします。
雨もすっかり止んでいます。
ネットで雨雲の様子を見ますと、黒い塊はすでに北東方面へ抜けています。

「う~ん、忍野かな、待てよ一応ウェーダーももって行こっと。」
R246をちょっと走ると右手に丹沢湖から流れる河内川の様子が見えます。
「ムムッ、濁ってない!」
あわててハンドルを右へ切り丹沢方面へと予定変更!


こんな時間に山の中の流れに入渓するワタクシ。
海彦GUROちゃん、ごめんね。
これも山彦SIMIちゃんの特権です。
やっぱり我慢できない!_f0064359_20163930.jpg



雨はすっかり止み、林間から日差しもこぼれます。
なんとこの後、登山道でチャーリーズスペシャル改改改を手にしたゴローちゃんと遭遇!
「雨上がりで絶対イイと思って昼過ぎに来た」と言っておりました。
考えることは同じです・・・。
しかし、こんな時間のこんな山の中で「チャーリーズスペシャル」同士が遭遇するなんて、
天国で釣りまくっているチャーリーも苦笑いか。
しばし座り込んで話に夢中。
やっぱり我慢できない!_f0064359_212938.jpg



結局3時間あまりの間に22センチ止まりでしたけど2桁は釣れました。
やっぱり我慢できない!_f0064359_2123356.jpg



All photos・・・
★ *istDS2  FA35mm f2AL ★


by flyfishist | 2007-06-10 21:11 | フライフィッシング | Trackback | Comments(7)
2007年 06月 03日

だ~~い好きなイワナ釣り

やっぱ、イワナ釣りって楽しいなあ。

おっきくてよく浮きよく目立つフライをポンポンとポイントに打ち込んでいく。
岩陰や白泡の中から黒い影がすっ~とフライめがけて寄ってくる。
音も立てずにフワッと吸い込む。
ワタクシのからだの中に残されたわずかな野生の神経組織と筋肉が即座に反応し、
冷水の中の本物の野生と力強く結ばれ、お互いの存在を確かめ合う。

これでワタクシは充実し清冽な流れに心の中で感謝をしながら釣りを終え、・・・・
林道をひた走る!
ベストに付けられたピンオンリールなどのプラプラする小物類はポケットにしまい、
装備類がなるべく上下にガシャガシャしないよう両腕を脇にしっかりひきつけて、
林道をひた走る!
もちろん普段はぐーたらおじさんなので日常生活においてはまず走ったりはしない。
でも、つり終わった後の帰りの林道はなぜか走りたくなる衝動を抑えることが出来なくなっちゃう。
といっても疲れたら歩き、また少しの距離を走るの繰り返し。
普通に歩けば1時間ちょっとの距離を45分で車へ帰った。


たくさんの早朝組みの先行者がいる中でもお昼を回った頃から釣れ始めた。
だ~~い好きなイワナ釣り_f0064359_18354372.jpg



木漏れ日の中の美しい流れから釣れてくれた。
木々のあいだから覗く空の青さが水面にわずかに反射している。
だ~~い好きなイワナ釣り_f0064359_18362831.jpg



見上げると山の頂には今春遅くに降った雪がまだ残る。
だ~~い好きなイワナ釣り_f0064359_1836692.jpg



昨日の帰りの車中はちょっと異常なくらい体中がヘンな痛みに覆われました。
明日の朝起きられないだろうな、などと思って朝を迎えてみると
あ~~らフシギ、特に筋肉痛も無ければ大してだるくも無いではないですか。
んで、もんのすごい汚れに全身真っ白気になった車を、有り余った中年パワーで朝から手洗い洗車をし、その後家中掃除機をかけ、トイレを磨き、昨日生まれた姪っ子を病院へ観察しに行き、ヨーカドーで買い物をし、家に帰って花壇の花に水をあげ、洗濯物をしまい、
このブログを書き終わろうとしている今現在、とうとう限界点に達しそうなミョウな悪寒。

オヤスミなさい。


All photos・・・
★ *istDS2  FA35mm f2AL ★


by flyfishist | 2007-06-03 18:54 | フライフィッシング | Trackback | Comments(11)