人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

フライを巻きつかれた貴方に、ある床屋さんの“小さなおはなし”

f0064359_22551294.jpg
今日仕事で千葉県の野田市へ行ってきた。
帰りちょっと時間があったので駅前の床屋さんに入った。
別に髪が気になってたわけではないが、始めての土地の小さな床屋さんに入るのが好きなのだ。

カット、シャンプー、顔剃りで¥2000-。
ガラスの扉に張られた赤と青の動脈と静脈のカッティングシートの間から店内をのぞくと、
椅子は5席あり50代のダンディーな店員と60過ぎの小柄な店員の二人、
そしてダンディーなほうの店員に髪をセットしてもらっている40代のお客がひとり。

気づかれないようにそっーと扉を開けて中に入ると、
手が空いてスポーツ新聞をソファーで広げてた60過ぎの小柄な店員がワタクシの入店にやっと気づき、
「なにもそんなにあわてなくても・・・」ってくらいあせって新聞をワシャワシャたたんだ。

それからまるで将軍様をお迎えするようなぎこちない仕草で椅子へ案内され、
こちらとしては少々気後れしてしまった。
さらにどういうわけかこの人一度もワタクシと目を合わさず、
絶えず頭をペコペコ下げ続けるのである。

少々古めかしい椅子に身長178センチのワタクシが座ると、
150センチにも満たないそのおじさんはどう考えてもワタクシの頭の頂点が見えてない。

時々なにかつぶやいていたがいったい何を言っているのか誰に言っているのか分からずにいると
突然ワタクシの右の耳元で「本日はいかがいたします?」と、ささやいた、そう、ささやいた、のだ。
「えー、1センチくらい切って全体を軽くすいてください。」と言うと、
右の耳元で「はぃ、かしこまりました。」と再びささやく。

「うん?ちょっとこの空間、妙だな」と思い始め、
ワタクシと背中合わせの椅子で別の客の髪をドライヤーでセットしているダンディー店員を視野の端っこで見ていると、
絶えずこちらの小柄なおじさんとワタクシの方をちらちらと気にしている。
ダンディー店員がこちらを気にするわけがだんだん分かってきた。
どうやらダンディーがこの店の店主で、こちらのちっちゃいおじさんはごく最近雇ったばかりの店員なのだ。
おじさんは新しいタオルやカミソリなんかが入っている引き出しをしょっちゅう間違えて開けていた。


このミニおじさん、すべての行動が妙にヘンなのだ。
最初は何がヘンなのか分からなかったのだが、よく分析してみるとようやく分かってきた。

リズムだ。すべての行動や仕草のリズムが中途半端なのだ。
くしで髪をとかすとき、上からスッー、スッー、ス。
はさみで切るとき、チャキン、チャキン、チャキ。
洗髪するとき、ゴシ、ゴシ、ゴ・・・ゴシ、ゴシ、ゴ・・・ゴシ、ゴシ、ゴ・・・。
ゴで止めるな、シまで行ってくれぇ、もうオネガイ。

「どこか痒いところございますか?」って、あなた!!
延々と頭の地肌をそのリズムでしかも微妙なタッチでやられたら、
もうすでにかきむしりたくなるくらい頭全体がカユクテ、カユクテたまらんですよ。

イライラしてきて目をつむってると、なんだかやたらと椅子の周りをせわしなく歩いてる。
タオルやドライヤーを取りに行くとき、ピョコタンピョコタンと足音が気になる。

さらにいちいち次の作業に移るとき、たとえば髪切りが終わり椅子を倒すとき、
顔にタオルをかけるとき、毎回「申し訳ございません、申し訳ございません」と2回言う。
とどめは椅子を起こしたまま頭にシャンプー剤をかけてるときだった。
景気よくドバドバかけるのは結構なのだが、背丈の差が大きすぎて頭頂部が見えないためか、
顔面にまでダラダラと白糸の滝状態にシャンプー液が垂れてきた。

もうここまでくると非常に興味を持ってきた、嫌味でなくホントに。
このピョコタンおじさん、いったいなんでこの年になってこの地方の駅前の床屋さんで「新米」なんかやってんだろう?
言葉もちょっとどこかのお国言葉のニュアンスが漂ってる。

多分・・・
もっともっと地方の過疎地域で店を持っていた。
でも不景気とそんな地方にまで押し寄せる低価格競争にどうにも経営がたちゆかなくなり
仕方なく35年続けた店をたたみ流れ流れてこの店にやってきた。
おじさんの長男と次男は先行きの明るくない家業に小さいときから本能的に見切りをつけており
今では都会でそれぞれサラリーマンと長距離トラックの運転手をしている。
妻はずっと先の旦那の帰りをひとり待ちながら故郷で家を守っている。

でもね、このちっこいおじさん、ワタクシは好きです。
時折ワタクシのうなじなんぞに触れるおじさんの指の肌が温かくて柔らかい。
本当に頭が低くて人柄がよさそうです。

散髪が終わり席を立ち会計を済ませるためダンディー店主がいるレジカウンターへ行くときも、
ずっと大きな刷毛を持ちながらワタクシの背中やらひざ裏やらをパタパタはたきながらついてくる。
「申し訳ございません。ありがとうございました。」と言いながら。

たとえ商売といえ自分よりだいぶ年配の方にそこまでされちゃうとこちらが恐縮しきってしまい、
「いやいやホント丁寧にやっていただきありがとうございました。」と本心で言った。
でも最後まで決してワタクシの目を見ないのですけれどね。

カウンターで料金を払うとき「えーと、二千円でよろしいんですか?」ときくと、
店主は少し顔をしかめながら、
「はい、・・すみません、だいぶお時間がかかってしまいまして。次からはもっと早く仕事をさせますので。」・・・

時計を見ると店に入ってすでに1時間5分が経っていた。
店主からしてみれば、1時間以上かけて仕事をして¥2000-の売り上げではやっていけるわけがない。
ちょっと気になって振り返ってみるとおじさんはさらにひとまわりも小さくなって、
チョコマカ、チョ・チョコマカ、チョと2センチ以上も長く切り落とされたワタクシの髪をほうきで掃いていた。


これでサッパリ、少々バッサリ行き過ぎましたが、明日から解禁が迎えられそうです。
                                     雨だけど。

by flyfishist | 2006-02-28 23:07 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(1)
2006年 02月 27日

盛り上がってまいりました!!

f0064359_13441753.jpg
いよいよカウントダウンが始まりました。
こんな看板なんかを視野の端っこに捉えると、
ついついビクンっと反応してしまう季節になりましたね。
ちなみにこの看板、熱海市内のクリーニング屋さんです。
いい味出してますね。
将来かけかえることがあったら、
譲ってもらおうかな。

by flyfishist | 2006-02-27 13:44 | フライフィッシング | Trackback | Comments(6)
2006年 02月 19日

楽しい楽しい千曲川ドライブ

いや~、今日は楽しかった。
久しぶりにみんなでドライブ。

f0064359_21592780.jpg
寒いからと帰り支度をしおわってから、
ボッコン、ブックン、ベッコンとライズが始まった午後3時過ぎ。
それまでは延々この写真のようにまったく静かに時間とユスリカだけが流れていった。




f0064359_220149.jpg
↑↑早く帰ろうとせかすグロイワ氏、あなたのその意思の弱さがみんなを不幸に陥れたんだ!
なんでもっとみんなでがんばろうって言ってくれなかった?
釣れなかったみんなの恨みをかって、殴る蹴るのボッコボコ暴行を受けぐったり倒れこむグロイワちゃん。



f0064359_2234471.jpg
f0064359_2235939.jpg
すぎちゃん、だいちゃんと須走で分かれて、ワタクシとマサルくんとボコされたグロイワちゃんの3人は、
小田原の「唐揚げの三平」へ行って、40過ぎの親父には正直少々キツクなった怒涛のから揚げを食って、骨までしゃぶってきた。
名づけて「鳥インフル撲滅作戦」

家に帰ってから飲んだコーラは今まで飲んだコーラの中で一番うまく感じた。

by flyfishist | 2006-02-19 22:12 | フライフィッシング | Trackback | Comments(5)
2006年 02月 18日

海馬の涙

今、「海馬」(脳の中の記憶を司る器官)池谷裕二・糸井重里箸を読んでる。
人間は30歳から脳の働き具合に変化を起こすらしい。
いわゆる「頭が悪くなる」のではなく何と「賢くなってくる」のだそうだ。
体験や学習を通じてグングン脳内の神経細胞がネットワークをつなげるのだ。

つまり脳に刺激を(五感をフルに使って)与え続けると海馬自体がだんだん大きくなる。
※なんと長年タクシードライバーをやっている人ほど、一般の人より相当海馬が大きくなっているという実験結果がある。※

ただし、刺激を絶った時点から急激にしぼんでいくのだ。
海馬を大きくすることにより人間に判断する能力が身につき始める。

30年近く前に永山則夫の「無知の涙」を読んだ。
19歳のとき殺人事件を起こし、死刑囚となる。
その時点で確か字の読み書きがほとんどできなかった。
獄中で字を覚え哲学書なども多数読破した。

色々な知識を得て初めて考えるということができた。
おそらく彼の脳内で劇的なネットワークが構築されたのだと思う。

そして初めて自分の犯した罪の重さを知る。
悲しいほどの無知のおかげで取り返しのつかない重罪を犯していたことを認識する。

ウサギをサッカーボール代わりにして殺す。
可愛い以外の何物でもない幼児を惨殺する。
つまり簡単に言うと「頭が悪い」のだ。
五感を使って入力された刺激が無いのだ。
その結果海馬が縮み脳神経のネットワークが少ないため、
考え判断し行動する、ということに支障をきたす。

表に出て刺激を受け続けよう。
近寄ってきた野良猫にボレーシュートを喰らわせないためにも。
だから明日長野へ川へ刺激を受けに行ってまいります。


All photos・・・
*istDS2  TAMRON AF28-200mm SuperⅡMacro F3.8-5.6 LD ASPHERICAL 


by flyfishist | 2006-02-18 19:27 | その他 | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 17日

親より大出世の予感

ああ、やっとその気になってきた。
f0064359_21495026.jpg
昨年の秋以来、タイイングデスクの上をまったく触ってなかったので、
先ほどCDC状になってた埃などを掃き捨て、
きれいさっぱりと心機一転、気合を入れました。
でも、#22番2本巻いたらちょっと飽きた。


f0064359_21504057.jpg
今日も9時近くになって帰ってきた我が長女彩ちん。
「腹減りすぎだし!・・・」と帰ってすぐにパクつき始めたトンカツ。

コタツの横からはみ出してた紺のハイソックス・・・??!!
「ウン?最近の流行か?」
よく見ると両足の人差し指がニョコンと突き出てます。

f0064359_2151653.jpg
「なんだ?お前の靴下!」と指摘すると、
「今日、同時に穴開いた。奇跡だし!」だと・・・

この子、中学のころから異様に足の人差し指だけがニョキニョキ成長しだした。
間違いなく親より大出世するな、と夫婦で確信を持ってうなずきあっております。
(※まあ、ハードルが相当低いですから・・・)

by flyfishist | 2006-02-17 21:52 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(7)
2006年 02月 14日

大好きなマシロちゃん

f0064359_19414931.jpg
f0064359_1951397.jpg
f0064359_19513270.jpg

★ with *istDS2 FA35mm f2AL ★



真白と書いてマシロと読みます。
ワタクシの姪っ子です。
12歳も歳の離れた妹の待望の長女です。

妹がまだ5歳のころ父親を亡くしました。
ワタクシが17歳という最もアヤフヤで目つきが今とだいぶ違っていたころです。

そしてその妹が、最もアヤフヤで目つきが今とだいぶ違っていた17歳のころに
ワタクシに長女の彩香が生まれました。

そしてその彩香が現在17歳です。
こちらの17歳は5歳のころとあまり変わらない目つきをしています。

マシロを見ていると顔が似ているせいもあってか、はるか昔の妹、そしてついこの間の彩香のちっちゃい頃とものすごくイメージがダブリます。

いまワタクシにとってもっとも可愛くて守ってあげたいイキモノです。
あ~~また、とっ捕まえて顔中ベロベロなめたいっ!

by flyfishist | 2006-02-14 19:52 | 大好きなモノ | Trackback | Comments(2)
2006年 02月 11日

骨折完治確認 寄YGL釣行

f0064359_21564912.jpg

f0064359_215795.jpg

f0064359_21584096.jpg

おお、この男、クドウおじさん、47歳、職業フライの釣り師。

昨年の金峰川釣行で左足の踵の骨を骨折して早7ヶ月。
リハビリで今シーズンはダメか、と思ってたら、キッチリ解禁に間に合わせてきた。
くぅ~~、アンタは一流のアスリートか!!

ってなわけで松葉杖とれて、まだ1週間も経ってないのに、
もう「釣行テスト」実施のご要望。
昼近くにムッシュムラカミも含め3人で寄YGLに久しぶりに行ってきた。

シブかったあ。
ドライで5,6匹かなあ。
なんせフラットな流れでは食ってるのがご覧の通りの極小シャックばかり。
シンカーかませて底を流せば飽きない程度に釣れるわけですけど、
う~~ん、、何もそこまでして釣りたくもないかなあ。

よし、これで何とかクドウおじさんの解禁日大見川復活も現実となるであろう。
ワタクシもこれでやっとフライを巻くエネルギーが充填されたゾ。

by flyfishist | 2006-02-11 22:03 | フライフィッシング | Trackback | Comments(7)
2006年 02月 10日

小田原路地裏グルグルサイクリング

f0064359_2323357.jpg
こういうところに何気なく・・・ 

f0064359_23235047.jpg
おお、この温暖な小田原にもようやく春の気配が。

f0064359_2324738.jpg
う~~ん・・・
f0064359_23242683.jpg
こういうステキなセンスのお宅に住まわれてる方って・・・

f0064359_23244475.jpg
西湘バイパスの高架の向こうの「思い出の小田原の海」

ALL:★ with *istDS2 DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★

先日小田原路地裏にグルグルサイクリングしてきました。

この時期になると来たる解禁日に備えて、すっかりなまっちまったオイラの老体をこうやって少しずつ目覚めさせていく。

といってもガシガシ必死こいてチャリンココキコキしない。
だらだら、うろうろ。

小道に入り込んだところで、イカシタ斜光が当たって小さく光り輝く被写体があれば、PENTAX*istDS2で「パシャコン、パシャコン」と切り取っておうちへお持ち帰り。
昼時になって腹が減れば、駐車場が無いため普段は寄らない、けど、気になってた蕎麦屋なんかに入っておおもり蕎麦を食う。

あ~ぁ、こういう、みみっちいちっこい旅も結構好きなのだけれど、そうワタクシには3月から11月いっぱいまでは“悪魔の趣味フライフィッシング”にドップリコとはまり込んでるため出来ないのですねえ。

by flyfishist | 2006-02-10 23:32 | 小田原、南足柄近辺 | Trackback | Comments(0)
2006年 02月 04日

開成町水辺フィッシングパーク

f0064359_22164947.jpg
f0064359_22171141.jpg
f0064359_22172430.jpg
f0064359_22174674.jpg
以前からうわさのあった「開成町水辺フィッシングパーク」の工事が
いよいよ本格的に動き出している。
でも工事中を案内する看板を見ると「5月31日まで」とあるが本当に間に合うのかなあ。

まあいずれにせよ自宅からチャリでもいける距離なので、
フライバカのワタクシとしては、シーズンオフに非常に気になる。

立地条件は足柄平野を流れる酒匂川のほとりにあり、
箱根連山や丹沢、富士山をバックにとてもよいシュチエーションだと思う。
このあたりはほとんどどこでも地面を数メートル掘れば、
地下水が豊富に湧き出るので、これをうまく利用すれば水質抜群の湧水の池ができるだろう。
今年の秋から冬にかけては面白そう。

by flyfishist | 2006-02-04 22:15 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)