人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 11日

秘密の池

秘密の池_f0064359_2224981.jpg
秘密の池_f0064359_223270.jpg
秘密の池_f0064359_2231559.jpg

今年の7月にはじめ、長野県の金峰山川での転倒事故で左足かかとの骨折という大事故に見舞われたクドウちゃん。
先日の診断でやっと順調に骨がくっつき始めたようで、このまま行けば来年早々にも補助具が取れそうです。
そこで前祝ってことで、クドウちゃんを連れ出し近所の秘密の池を所有者の承諾を得て、使わせていただきました。

ここはハイシーズン中ニジマスなどを放して小さな有料マス釣り場にしているのですが、
冬になるとお客さんも少なくなり閉鎖してしまうのです。

まだほんの少しだけマスも残っており、ユスリカや時折落ちてくる陸棲昆虫などを食べております。
しかし、ほっておいても来春までには脅威の「鵜」や「アオサギ」などにほとんど食べつくされ絶滅してしまうらしいのです。

今年の冬は今回が初めて使わせていただいたのですが、マス自体もほとんどいなくなってしまい、
おまけに北風がビュービュー吹きまくりほとんど釣りになりませんでした。

そんな中でも前回の「岡ちゃんさよなら釣行会&飲み会」の時非情にも主役に釣らせないで、
一人だけ釣っておったムッシュ村上改め、ダーク村上がまたもや2匹も釣ったのです。

その横では、巨体のため大き目のがっちりした折りたたみ椅子にどっかり腰掛けたクドウちゃんの左足には6ヶ月もの間がっちり装着されたままの歩行補助装具が来春を待ちわびたように日向ぼっこしてます。

この男、来年3月までにはバッチシリハビリもすっかり終え、大見川、狩野川に週5日は通うんだろうなあ、クッソオゥ。
今のうちエポキシとアロンをごちゃ混ぜにして、そっと足と補助具に塗りたくっておこうか。

by flyfishist | 2005-12-11 22:01 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flyfishist.exblog.jp/tb/709026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 禁漁の忍野散策      大見川水系発眼卵放流&BOSE... >>