人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 01日

1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう

皆様今晩は。
ご機嫌いかがでありましょうか。
言うまでもなくワタクシはいたってゴキゲンなのであります。ウヘヘ。


先週の24日、日曜日はGUROちゃん、M下さんの3人で行ったわけですが、
14000歩もほっつき歩いた割に、23センチ1匹という悲しい結果に終わったのであります。

しかしその時の足腰強化訓練は、まさに次回の週末のためのものだったのであります!


今回、30日、土曜日は朝から相模原市のお客様のところで新規オープンの準備のサポートの予定が入っていました。
何時に終わるのか全く予定がたちませんでしたが、当然車には釣り具一式と車中泊用の布団なども積み込んであります。

たくさんの方々の協力もあり思っていた以上に準備はどんどん進み、お昼ちょっと前にはすべて終了しました。
「特上ずしとるから一緒に食べていきなさいね」とオーナーは言ってくれましたが、
今は特上ずしより魅力的な鬼怒川がボクを呼んでいるので丁重にお断りさせていただきました。




灼熱の東北道を北上するにつれ、気分は一気に仕事モードからフライフィッシングモードへ。
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20155996.jpg

車中なんとなく決めていたポイントへ着き、しばらく川と虫の様子を見ますが昼間の猛暑がまだ残る川面には何の生命感もありません。
そこで次に気になるのが皆さんと同じ、そうベイスターズの試合経過ですよ。
今年は本当に試合内容が面白い。
最高の形で勝利を収めたことをスマホで確認し釣り開始です。

まずはエラブタダンで27センチ。
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20152244.jpg
9寸ヤマメクローズアップ

暗くなる寸前フタオカゲロウのDDスペントで29センチ。
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20172794.jpg


この日はハッチもスローでライズはこの釣れた2匹の他にフライを流しても全く反応しなかった2匹だけでした。
先週あれだけ歩き回ってやっと1匹だったのに、今回は夕方に着いて野球観戦しながらでも釣れちゃうんです・・・。
釣れる時はこんなもんです。





日曜日は世の健全なおとーさんたちには絶好の家族サービス用天気に。
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20335345.jpg
道の駅で車中泊をし、朝起きてみると崩れるはずの天気は大外れのドッピーカン。
午前中は今年初めて入るポイントへ放浪がてら行ってみますが、暑さと強風で川も虫もヤマメもボクもまるでやる気なし・・・。
こんな日の昼下がりはあたふたしても仕方ないので、木陰に車を停めさわやかなお昼寝をするに限ります。

ちょっと寝すぎたか、時計は3:30PM。
乾かしておいたウェーダーとソックスを再び履いて、どこに入るか一通り車で偵察します。
候補にしておいた2か所のポイントにはすでにそれぞれ何人か入っております。

2週間ほど前、同行したH島さんが良型連発したポイントへダメもとで行ってみます。
1時間ほどしてからやっと数匹が単発でライズ開始してくれました。

やっと釣れたのは突然始まった手前のライズ主、#16カディスで28センチ。
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20333454.jpg

他にも9寸クラスが2匹ほど単発ライズをしていましたが、まったく歯が立ちません。
ラインを下流に流しっぱなしにして途方に暮れていると、「キュキュギュン」と勝手に釣れています。
先週某所で某M下さんが31センチを釣った新釣法と同じやり方です!

おおっ!何かを予感する記録的“小ささ”
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_20391024.jpg

ただしこちらは、12センチでありました。
鬼怒川での新記録であります!

うん、何事も新記録は大変結構なことで縁起の良いことであります。

このポイントで2匹も釣れたので、釣られる気のないダメなライズをするバカチンヤマメはほっておいて、
2つ上の大きなプールへ行ってみることにします。

よたよたゴロタ石の河原を、前日東北道下り線羽生SAで買ったアンパンをバッグから取り出しパクパクしながら歩きます。
途中のプールは過去にボク自身まったく実績のなかったプール。
岸から少し離れて横目で見ながら歩いていると・・・!!!。
ライズ!
しかも2匹!

食いかけのアンパンを袋ごと岸際に放り投げ、水分のなくなった口の中のアンパンをモグモグしながらラインを引きずり出します。
水面にはわずかに小さなヒラタが流れています。
フライをチェンジし確信をもって自信満々にフライを流しますが全く無視・・・。
相変わらず静かで上品なライズを繰り返しています。
水面上にはほかに目立った流下物は見当たりません。

突如、そのライズより10メートルほど上流の流れの筋が収まるあたりで、バシュン系ライズが始まりました。

型は上品ライズの主より良さそうです。
そうっと水流を乱さないように足元を気を付けながら上流へ移動します。
足元の水面を見ると、なんとまだ新鮮なモンカゲスピナーが浮いています。
よくよく見るとあと数匹確認できました。
上空を見上げても一匹も確認できないのに・・・。

この区間はもうモンカゲは終わっていると思っていました。
ティペットを5Xに替え、今日は出番がないだろうと思っていたモンカゲスピナーパターンを結びます。
恥ずかしいくらい大きなフライを、ライズしたあたりに流しますと一発で出ますが2,3回のローリングでバレてしまいました。
しかし、確実に9寸オーバーの感触です。
バラしたあとまるでスイッチが入ったかのように、数か所で同じようなライズが始まりました!
こちらも一気にテンションが上がり、100%戦闘モードに突入であります。

フライをドレッシングし直し一番釣りやすそうなライズにキャスト!
バシュン!

1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_21115446.jpg
感動的な夕焼けをバックになんと32センチであります!
10枚ほど写真を撮ってふと気づくと背後ではまだライズ音がしています。

フライは乾燥パウダーで乱雑にゴシゴシしてからざっと形を整え即キャスト!
バシュン!
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_21153909.jpg
ランディングしている最中も数か所でライズしています。
もう写真なんかとっている場合ではありません。
証拠写真的に適当にシャッターを押し、さあ、つぎつぎっ!

ワンキャストでバシュン、再び9寸オーバー!

さすがにフライがボロボロになったので、上目でライズを確認しながら新しくフライをセットしなおします。
落ち着いて一番大きそうなライズをチョイスします。
流心の向こうのへんてこなイヤラシイ撚れの中のライズ。

フライボックスの中から一番うまく巻けた、未使用の美しいモンカゲスピナーパターンを、
ライズポイント上流1メートルにキャストします。

漂う華奢なフライに、まるで夢の中のシーンのように圧倒的存在感をまとったドルフィンライズ。
フッキングの瞬間、その暴力的な生命力でSAGE TXL710 #3が気の毒になるくらいひん曲がり続けます。

それまでに釣れていた良型ヤマメの写真を撮るたびに、砂地へ放り投げていたクリックタイプのリールは砂を噛み、
ラインが引きずり出される都度、ガリガリッと嫌な音を立てます。
このままではまずいので、リールから一旦ラインを手で思いっきり引き出しギアに噛んだ砂を強制的に飛ばしておきます。

10数メートル下流まで走られ、足場の良いところで寄せようとしますが、あと3メートル位になると再び流心へと突進していきます。
やり取りをしている間に陽はどんどん落ち、すっかり薄暗くなってきました。
フライが大きいのでフック外れによるバラシは心配なかったのですが、
ここまで大きな力がかかり続けるとリーダーとティペットのつなぎ目のブレイクが心配になってきます。
こんなに緊迫している状況にもかかわらず、片手でカメラを取り出しスイッチを入れ動画ボタンを押してました。

デデッ、デカッ!
1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう_f0064359_21524467.jpg
下品な写真でスンマセン。
妻が洋裁で使っていた愛用のメジャー、当ててみると奇跡的にぴったり40センチメーーーートルッ!!
今日は12センチと40センチの鬼怒川新記録2本立てなのであります!

もう、自然河川で釣れるヤマメとしてはリアリティーがなさ過ぎて頭も体も完璧に混乱しました。
まさか、この場所で、このフライで、このロッドで、この手で、この自分が、それが今だとは・・・。

実はひそかに憧れ、しかしなぜか恐れて自分には関係がない風に、その存在を無視し続けていたヨンマル・・・。

どうしよう・・・。
「なにが」、だかわかりませんが、「どうしよう・・・」
いま、そんな訳のわからない心境なのであります。




by flyfishist | 2015-06-01 22:37 | フライフィッシング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://flyfishist.exblog.jp/tb/24086963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiku at 2015-06-02 08:33 x
おめでとうございます!!
来るときは突然、なんの前触れもなく訪れますよね。

いやぁホントに嬉しいっす。。
12cmの最少記録wwwww
Commented by somebin at 2015-06-02 09:21 x
ガビ~ン!!ついに、ついに夢のよん〇ですか・・・・
恥ずかしながら、この日私も午後からいたのです。先日お会いしたあの場所で、ハヤのショボイライズをあくびしながら見ておりました。まあ、何もせず帰ってきたのでしたが、そちらがそんなことになっているとは・・・クリビッテンギョウであります。ともあれ、誠におめでとうございます。流石の一言につきますね。
Commented by flymoto at 2015-06-02 09:48
最小!最大!おめでとうございます!♪^^
Commented by cream at 2015-06-02 19:31 x
二つの新記録おめでとうございます!
こっちは、最悪記録更新中で、
生涯の自己最大山女魚も先日バラシ、真っ白な灰状態です(爆超泣)
さらに、鬼怒神様の祟りもあり、バラシの連続、購入商品が破損して送られ、終いには車の事故まで…やはり、お祓いしなくては⁉︎
ああ、いつぬけだせるやら(苦笑)
Commented by flyfishist at 2015-06-02 19:52
kikuちゃん、ありがとうございます!
でも、改めて「12cmの最小記録」とか言われちゃうとボクのコカーン.ジョン君を馬鹿にされたようでちょっと落ち込むなあ・・・。
Commented by flyfishist at 2015-06-02 19:58
somebinさん、
あれ?いつもの場所に車がなかったような・・・。
釣れた場所は明らかに特殊状況が重なって夢のようなライズが起こったのです。
完全に暑くなる前に、もう少し小雨の降る中で小ぶりのフライを使ってキリキリする釣りをしたいです。
まだまだ通いますよ~~
Commented by flyfishist at 2015-06-02 20:00
flymotoさん、
ウフ、ありがとうございます。
でも本当にこの最小最大の組み合わせって自慢できますよね!
Commented by flyfishist at 2015-06-02 20:05
creamさん、どーしたんですか?
Kinu行ってます?

わかりますよ、そのマイナススパイラル状態・・・。
バラシはともかく、事故はシャレになりませんねえ。
もうこうなったら今シーズンだけは、バラしまくって一生分の不運を全部吐き出しちゃいましょうか・・・。

早い復活を!
Commented by 江バ at 2015-06-02 23:26 x
ひや~何処に降りた降海型のサクラマスですか?
と思いました。
小さいサイズが居るのが、健全な環境ではないでしょうか。
両方を見せてくれる腕はさすがです!
いい釣りしてますねえ。
夕日に輝くヤマメも素晴らしいです。
羨ましい。
ベイ、強いですなあ。
こちらも羨ましい。
我が江戸燕は、近年の定位置が近づいております。

釣り行かなきゃ。
Commented by flyfishist at 2015-06-03 13:25
江バさん、ひっさしぶり〜です!
なんだか相変わらず、あまり釣りに行けてないようですね…
最近よく考えます、何のために仕事してんだろ〜って
5秒で分かりました!
「釣りのためだな」と…

ベイ、今年は試合内容がおもしろいんてすよねぇ
HR王は畠山と225の競合いになろといいですね
Commented by Cream at 2015-06-03 23:22 x
こんばんは。長文失礼します。
昨年末に呼吸器の病気を患ってからBlogへの記録UPは止
めてしまいましたが、今年度もずーっと、できる限りKINU
へは通っております。
毎回、同じポイントばかりで釣りをし、小物だけ釣れるか、
まったく釣れないかを繰り返し、4/11に32を釣り上げ
安堵しておりました。
しかし、先日、自分の鬼用デカネットの全長を軽く超える、
本物の鬼を口切れでバラすという失態をしでかし、真っ白
な灰と化しています。
それでも釣りに行きますが、↑のUPのとおりあの後はバラ
シの連発と不幸続き、KINUの川原でバンパーに木が突き刺
さるという事故まで起こしました。
一応、今週末も釣行予定のドアホです。もし土曜日FFされる
ならご一報ください。あ!野球の話は通じません(笑)
Commented by flyfishist at 2015-06-04 12:31
Creamさん、こう並べてみると、なんかいろんなマイナスなことが次々か起きてしまっているようですね。

自分はどうだろうって振り返ってみると、ありますあります!
先日、板金屋さんの駐車場でポールに助手席ドアを思いっきり当て穴が空き、ドアパネル全交換という思い出したくもないことが起きてます(Creamさんのおかけでおもいだしたではありませんか!w)

んまあ、病気と事故だけはお互い気を付けましょうね

今のところ土曜行けそうであります


<< お泊り鬼怒川釣行      柳の樹の下の、尺一寸ヤマメ >>