人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 04日

世附川の“キャッチ&リリース”??

家から車で35分の世附川。
こんな近くで丹沢の懐にどっぷり入れるしあわせ。
もっとちゃんと噛みしめなきゃね。

浅瀬のゲートに到着したのが夕方の3時という超社長出勤です。
ゲートを入ったところにある管理事務所で¥1000-で入漁券を購入した。
おそらく来年からここのキャッチ&リリース区間は管理釣り場になるらしい。
現在その申請を行っているとの事。
ここに?カンツリ?本気?

この漁協の方針に対してはいくつもの???マークがワタクシの頭の中をグルグル回ってます。


f0064359_22525233.jpg
★ with *istDS2 DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★
キャッチ&リリース区間は一体何のために設定したのか?
「環境保護推進」のためなのか?
(別の看板にはキャッチ&リリースの区域を「環境保護推進区間」と明記してある。)
だったらなぜゲートよりの最下流域に設定するのか?
この区間はヤマメが遡上出来ない大きな堰堤が二つある。
自然再生産を積極的に促し、ヤマメの個体数を増やすのであれば最上流域にキャッチ&リリース区間や永年禁漁流域を設けるべきですわな。

カンツリになった場合ニジマスも放流するらしい。
これも「環境保護推進」のためなのね?

なんの「環境」?
なにから「保護」?
なにを「推進」?

そもそもキャッチ&リリース区間から餌つりの人たちを実質排除するってどういうことよ。
キャッチ&リリースするのだから、釣り方そのものを問うのはなんかいや~~な感じがする。

最上流部で我々フライおじさんたちが釣りをしてるとき、
「あの~、あなたたちフライおじさんは下流域にせっかくフライ専用域があるんだからそっちでやってくんないすかねえ。」
などと健全な青年にいわれちゃうと、
「メンボクない」
「申し訳ない」
などといいながら、逆に肩身の非常に狭い思いをしなければならないではないか。


f0064359_22542859.jpg
★ with *istDS2 DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★
ワタクシは現在はフライフィッシングしかしないが、釣り方を問わずすべての釣りを理解し、そのエキスパートの方々を尊敬する。
この「お願い規制」はフライフィッシングを愛する人たちから出た意見で設定されたのだろうか?
少なくともワタクシはこんな「大きなお世話的」規制?設定?お願いの類はまっぴら御免こうむりたい。





で、肝心の釣果はというと、明るいうちはとてつもなくシビアでフライラインが一回でもヤマメの上を通過するとサッと走られる。
まあ、これは本来の丹沢のヤマメの姿なのですが。
f0064359_22551961.jpg
★ with *istDS2 DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★
でも、さすがに夕マヅメともなると腹をすかした良型が岩の影から積極的に姿を現し始めました。
結局、成魚放流の8~9寸を4匹。



f0064359_22555645.jpg
★ with *istDS2 DA18-55mmAL f3.5-5.6 ★
自然再生した固体か、稚魚もたくさん出てくれました。
これらの稚魚がしっかり育って「世附ヤマメ」に育ってくれる事を本当に願います。
たとえ自分には釣れなくても、林道からジンクリアな流れを覗いたとき悠然と泳ぐ「世附ヤマメ」が見れるようになるだけで幸せになれますしね。

by flyfishist | 2006-06-04 23:01 | フライフィッシング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://flyfishist.exblog.jp/tb/2405874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 肥満 at 2006-06-05 03:10 x
エ~!本当に官釣り? 予感的中.....かな?。
良いんだか悪いんだかなんだかなぁ~...。 
Commented by ま猿 at 2006-06-08 00:05 x
丹沢、本当に素晴らしい場所だと思います。自分の尊敬するエキスパートの方々殆どがこの山の虜であり、この場所を愛しています。独特のジンクリアな水により、キャストの打ち返しは不能、わずかでもストーキングミスをすると魚達は容赦なく走ります。しかし釣れる釣れないは別として、時折目にする立派なヤマメやイワナ達の強く生き抜いている姿には感動すら覚えます。
決して安易な釣りが可能ではないにも関わらず僕は足を運ぶ‥『釣れなくても幸せ』そんな気持ちにいつもさせてくれるのが、僕にとっての丹沢です。
Commented by ヤス at 2006-06-08 11:13 x
ブログ見つけちゃいました。テンカラの私です。解っていただけるか心配です。昨シーズンからはフライロッドを持つようになりました。忍野にもたまに出没します。世附の管釣り化は寂しい気がします。正直反対!
Commented by Guro at 2006-06-08 14:54 x
私が丹沢に行きたいけど、行けない理由

1. なんか奥が深そうで迷いそう
2. なんか難しそう
3. なんかオバケ出そーっ

んんんっ、なんか誰か釣れてってくれないかなぁ・・


Commented by flyfishist at 2006-06-08 21:16
>ヤスさん
もちろん分かりますよ。
昨年のチャーリーのお別れ会の時はありがとうございました。
あの時川野先生とともに薦められた酒を飲みすぎ、
ここ数年来、記憶にないくらい大酩酊してしまいましたぁ。
あれ以来ヤスさんの顔を思い浮かべるたびに、
胃の奥がちょっとムムッ、オエッとなっちゃいます。(ハハッ失礼)

>Guroちゃん
よっビビリのGuro助ちゃん、
丹沢、迷うよ~~~
難しいよ~~~
出るよ~~~
『釣れなくても幸せ』なマサルくんに連れてってもらいなさいね。
あっ、岩手のホテルの件で相当恨まれてるから連れてってもらえないか・・
Commented by 肥満 at 2006-06-08 23:56 x
一緒に行くと間違いなく出るな...ん。
って言うより背負ってるし。
Commented by ヤス at 2006-06-09 10:56 x
世附で風船持った女の子(本人一人だけ)に遭遇
ユーシンには死神博士がいます。
Commented by at 2006-06-12 12:22 x
ヤスさんって・・・香倭なんとかって名前の方?
Commented by flyfishist at 2006-06-13 23:23
↑そうそう、でも「香倭・・・」ではなく確か「華倭・・・」ですよね。
でも何で知ってるんだ?大ちゃん。
Commented by at 2006-06-14 09:02 x
掛川の釣り人を通じて知り合いました。年数回はいっしょに釣りします。


<< 背筋がゾクゾクする、「風邪」以...      奈川、開田高原、木曽福島の暑々報告 >>