Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 20日

続 : 1日1匹鬼怒ヤマメ

今回は直前になって都合がつき、M下さん、Guroちゃんの3人で訪鬼怒です。

先週までの増水とうって変わって減水モード。
しばらくこのままの状態が続いてくれれば、虫もヤマメもボクもみんな喜ぶんですけれどね。
f0064359_13132670.jpg


10:00AMくらいまではハッチも非常に少なく、当然ライズもありません。
でも昼近くになってくると、緩い流れの筋に明るい色系の虫たちが流れ始めます。
Guroちゃんの前のポイントでなんどかライズがあったようですが、すべて場所の定まらない一回こっきりの単発ライズ。
これではなかなか勝負させてもらえません。
我慢しきれずそのあたりを流してみますが、ここは鬼怒川、こちらの都合に先方さんは簡単には合わせてくれません。

f0064359_1422459.jpg


お昼を少し回ったころ、小オオクマが何匹か流れ始めます。
水温が低かったせいなのか大きくなれなっかったようです。
それでも水面を割るような元気なヤマメは現れません。

ず~~っと同じ方向の流れを見続けます・・・。
・・・ ・・・ 。
だんだん精神をハイな状態にキープすることが難しくなってきます。
気休めに前後のプールをヨレヨレよろめきながら偵察に行ってみたりもします。
もう自分がここへ一体何しに来ているのか、目的が良くわからなくなってきます。
河原のさすらいなのか、河川の見回りなのか、虫観察なのか、現実逃避なのか・・・

こんなボロ雑巾のようなしょぼくれた、初老のワタクシも一人前にお腹なんかがすいちゃったりするわけです。
お腹がすいたり、排尿したりすることにさえ罪悪感を感じます・・・。

風がビュービューふく中、背中を丸めながら冷え切った愛情のかけらもないお弁当モドキエネルギー補給物質を体内へ咀嚼注入いたします。
情けないよう・・・、このまま明日55歳なんかになりたくないよう・・・、

!!そうだっ!去年の54歳の誕生日にはこの鬼怒川は大きなプレゼントをしてくれたんだ。
明日が誕生日だけど、きっと鬼怒川は忘れてない・・・。





遠い輝く青春の日々を川の流れの中に見つけるように、ボクはウェーダーのサスペンダーを少し絞り、
patagoniaのキャップを目深にかぶり直した。
6Xのティペットを新しく結び替え、その先には、実際流れている小オオクマサイズではなく、
あえて本来の力強く存在感満点のボリュームとサイズのオオクマダンパターンを結ぶ。

あれからハッチもライズも全く見えなかったけど、強い風で波立った水面で、しかも距離のある岸辺からでは発見できなかったのかもしれない。
自ら荒れた水面の流れの中に入り、もっとよく自分の足元の流れを見つめなおそう。
そう思い右手にしっかりコルクグリップを握りしめた。

水中の滑りやすい丸石に細心の注意を払いながら、一歩一歩流れの中心に向かう。
水面は光と影の複雑な模様を描き、非常に見難い。
しかし目が慣れてくると、先ほどの量ではないがたまにオオクマダンが流れている。

先ほど意味もなく自己嫌悪に陥っていたあのくだらない時間、
もしかしたら、ひそかに目立たなかっただけでオオクマは流れ続けていたのかもしれない・・・。

風によってできた沢山の小さな三角波の間に、風ではない異質の一回り小さな三角波!
「アッ・・・」
ライズかもしれない。
続いて60センチほど離れた場所で今度ははっきりした音を伴うブシュンライズ。

無意識のうちにすでにリールから引き出されていたラインを左手に持ち、
10メートル先のライズポイントへフライをキャストする。
着水前に下流からの風に煽られ、一瞬フライを見失うが、すぐに二つのカゲロウのシルエットが確認できた。
微妙に形の違うシルエット、どちらかが間違いなく自分のフライ・・・。
その二つのシルエットはほぼ同じ流れの筋に乗って、40センチほど離れて流れている。
どっちがフライだ?
そう考える間もなく先行して流れるシルエットがバシュンと消える。

f0064359_14213436.jpg





体中の冷え切ったいたはずの血液やらリンパ液やらがやたら熱を帯び、一気に体中を巡り歓喜の覚醒をしました。
長く冷たく辛い静かな時間は、全くこの一瞬のためだけに意味があったかのように感じます。

こんなに釣れない川。
寒く、広く、風も強く、晴れれば紫外線や乾燥がひどい川。

1日1匹鬼怒ヤマメ。

これで十分でしょ。
今年も毎回少しずつ鬼怒川でのヤマメ釣りを積み重ね、釣り年輪を重ねていきます。


All photos・・・
OLYMPUS OM-D E-M5  
   G VARIO ASPH.  14-45mm   F3.5-5.6   


by flyfishist | 2014-04-20 14:47 | フライフィッシング | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : https://flyfishist.exblog.jp/tb/21841387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jacamano at 2014-04-20 16:39
お誕生日おめでとうございます!
尺!やりましたね~、今週は出掛けようと思ってます!
因みに2月生まれのボクには尺のプレゼントは無理ですねw
Commented by flyfishist at 2014-04-20 21:48
jacamanoさん、ありがとうございます。
尺もうれしいですけど、あのキビシイコンディションの中で釣れたことが何よりです。
もっとライズまみれの中、頭をひねりながら釣りをしたい・・・。
今週、いいんじゃないですかぁ!
来ますよきっと、鬼怒川劇場が!
Commented by somebin at 2014-04-20 22:47 x
んん~。極少ないチャンスを見逃さないところがすごいよね、やっぱり。
鬼怒川では気を取り戻す、ということがものすごく大事に私も思います。
1日の内でそれを何度か繰り返す。ありきたりですけど修行のような
釣り。しかしまあお見事でございました。
Commented by wffn at 2014-04-21 19:02
初めて投稿します。youtubeではTAKUMIWORKSを開設しており、一度、投稿頂いた記憶が有ります。このブログもいつも拝見しております。実は私も土日で鬼怒川に参上しており、エラブタでなんとか獲る事が出来ました。私の下流側に三人いらっしゃったのでもしかしたらlyfishistだったかもしれませんね。しかし、鬼怒川難しいですがハマります。
Commented by Cream at 2014-04-21 20:48 x
すっごい減水モードですね!で、天候も良かった?ご様子。
桂は終日、吐く息が白い!メッチャクチャに寒くて厳しい状況
でありんした(苦笑)
今週末は鬼怒でBBQしてまーす(笑)
翌週は嫁さん孝行しま~す。
あぁ、今年のボクはいつから鬼怒で本格的にFFできるんだろう(^^;)

Commented by flyfishist at 2014-04-22 00:02
wffnさん、youtubeはほとんど見させていただいております。
あ~土曜日ひとつ上のプールにいらしたんですね。
なんか、釣れそうオーラがビンビンしてました!
我々のいた場所があまりにしょぼかったのでそちらの方はどうかと気になっていました。
様子をうかがいに行こうとも思いましたが、すでにそこへ行く気力体力がありませんでした。

確かにいっぱい釣れるわけではないのに、なんでこんなにハマリ込んじゃうんでしょうかね・・・。
キャバクラとかにもハマリ込んじゃってダメになるタイプなのかなあ・・・。

こんど現場でボッーとしている人見かけたら声かけてください。
そいつ、絶対ボクですから。
Commented by flyfishist at 2014-04-22 00:11
Creamさん、鬼怒川の水の状況、天気に関してはパーフェクトの状態で臨めるっていうのがあまりないですね。
そもそもなにがパーフェクトなのかよく分かっていませんが・・・。

桂行かれたんですね。
そんなに厳しかったんですか・・・。

だからか・・・!
うちの近所にも桂フリークがおりますが、
土曜日に鬼怒川の橋のたもとにこっそり車が停まっていました。
運転席のウィンドウに「警告」のポスト・イットイエローカードを貼っておきました。
Commented by flyfishist at 2014-04-22 00:20
somebinさん、「気を取り戻す」、ですか、なるほど。
その「気を取り戻す」タイミングなんですよね、問題は。
1日中ずっと気を張っているわけにもいかず、時にはスマホでベイの途中経過をついつい見ちゃったり、
更年期障害なのか意味もなく自己嫌悪に陥って遊んでみたり・・・。
川と虫と魚の織りなす不思議なリズムにいかに自分の心技体をシンクロさせるか、
とちょっと哲学的に表現し小難しい釣りをしてるんだぞという素振り・・・?
Commented by kiku at 2014-04-22 16:53 x
がーさすですね。
Guroちゃんの猫背な感じもイケてます(笑
私は相変わらず桂キク蔵状態ッスww
Commented by GURO at 2014-04-22 19:52 x
ども、猫背のGUROです、今週は毎日、
「どうしたら私にも鬼怒川の恵みがあるのか?」を考えています、、仕事が手につきません。
Kiku蔵さんもお元気ですかね?
今年はどこかでご一緒しましょ。
Commented by kiku at 2014-04-22 20:56 x
尺神師匠、Guroちゃんと鬼釣行の際はお誘い下さいませm(__)m
Guroちゃん、今度連絡しますね!!
Commented by flyfishist at 2014-04-22 23:21
Guroちゃんの前のめりは人生そのものなのです(?)

桂キク蔵さん、まだ鬼怒ってないんですか?
鬼怒ヤマメにとっては実に平和な時が過ぎていたんだなあ。
桂ヤマメはご愁傷様。
久しく3人で釣り行ってないなあ、南アルプスの熊異常接近事件以来かなあ・・・。
Commented by GURO at 2014-04-24 10:13 x
ワタクシの人生は前のめりすぎて、つんのめってます。
まあ、時代の最先端を行っているという事で、、、
それにしても、懐かしい
熊接近遭遇ありましたねぇ、、
Flyfishistさんと河原を全力疾走しまして、血相変えてキクちゃんところに行きましたっけ。
でも、その後、また3人でビクビクしながら釣りしていたんですから、我ながら呆れちゃいますなぁ、、。
また、みんなで夏キャンプでも行きますかぁ?


<< 鬼怒川、華々しくデビュー!      1日1匹Kinuヤマメ >>