人気ブログランキング |

Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 04日

小田原の海岸から・・・

投稿順が前後してしまっていますがご勘弁を。

10月12日、体育の日。
ちょっと久しぶりに早起きして浜へ行って見ます。
この日はジグロッドは置いていき、代わりに新調した振り出しの投げ竿と、
少し大きめのスピニングリールのサーフトローリング(弓ヅノ)のタックルを持っていきました。

浜には暗いうちからポツポツ青物狙いのサーフジギスト、サーフトローラーたちがいます。
ナブラも上がらずまわりも釣れていませんが、ただただひたすらと投げ続けます。

いい加減飽きてきた6時半ころ、50メートルくらい沖の潮目を狙っていると、
通常のおかっぱリフィッシングではありえないような、爆裂的な衝撃がロッドに伝わりました。

ドラグは強めにかけてありましたが、ギュイ~~ンと逆転していきます。
右へ右へと獲物は走り続け、ワタクシもヨタヨタと波打ち際を走ります。

一体どれくらいのファイトをしていたでしょうか。
「コイツは一体ナニモンだ?」
正直、イナダのシッポあたりに弓ヅノが掛かってしまったんだろう、と思っていました。

でも波の向こうに透けて見える魚体はとんでもない大物なのでした。
慎重に寄せる波にうまく乗せて、巨体を砂浜に引きずり上げます。

左側で釣っていた同年代のサーフトローラーが声をかけてきました。
「ウゲッ!10年以上この釣りをしているけど、こんなでかいの初めて見た。」と言っていました。


家に持って帰ってキッチンに置いてみると、改めてそのでかさに圧倒されちゃいました。
70センチクラスのワラサは、ネコより大きかったです。
ウチの新家族、ナッツもビビリぎみです。
小田原の海岸から・・・_f0064359_2344667.jpg


まな板から大きくはみ出すワラサをさばくのは、
魚の調理と言う概念を明らかに外れており遺体の解体のような感じがして、
決して気持ちいいものではありませんでした。

向こうに見える小さめの魚体は、35センチのカンパチの子供です。
味はこちらのほうがおいしかったです。

by flyfishist | 2009-11-04 23:52 | ジギングエギング | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://flyfishist.exblog.jp/tb/12256281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jacamano at 2009-11-05 15:11
海シーズンに入ったとたん更新頻度が、、、(笑)
僕は酒浸り、仕事浸りでございます。
海の魚で70センチ!そうとうな引きだったのでは!
それにしても「イカ」おいしそうですねぇ!
Commented by 江バ at 2009-11-05 22:42 x
いや~、なんか満喫でないですか・・・
エイリアン捕獲も物凄いし、この青物70ゲットとは。
これはやり取り大変そうだけれでも、楽しそう。
居るんですですねえ、小田原の海岸に。
カンパチまで居るし。
しかし、仕掛けとかがイマイチ良くわからないのであります。
海は全くの素人なので。
アオリイカ天丼はいかがでしたかあ??
聞くだけヤボですかねえ。
Commented by flyfishist at 2009-11-07 11:34
jacamanoさん、
こんにちは。
海バージョン、更新しているのはほんの一部ですよ。
今シーズンは、イカが好調です。
不思議なことに、¥1000前後のエギでは釣れなくて、
¥150~¥250のエギばっかりに釣れてきます。
イカ世界にも不況の波が確実に押し寄せているようです。
Commented by flyfishist at 2009-11-07 11:39
江バさん、
本日、19~20時まで自治会の仕事があるため、
それまでは青物のサーフジギング、
夜はイカ退治に出動する予定です。

今日もイカ天丼大盛りの予定です。
ところでイカって何のために生まれてくるのでしょう?
アオリイカなんて解体してみると、内臓類がほとんど無く、
体全体が、イカ刺し用、イカ天用、バター炒め用だけで構成されています。
イカ人生を考えると深く哀しいものがあります。
Commented by 968 at 2009-11-15 08:27 x
はいぃ。ご無沙汰しております
なかなか管理釣に行けませんです
ところで、昨日我ブログを誤って全消去してしまいました
まあ、全然更新出来ていなかったので、少し手直しして、、、
と試みていたのですが、、直しすぎたらリセットさんになってしまいました。
改めてまたご案内いたします。
お手間をおかけします、すいません。



<< やっと釣れてくれました!      今シーズン最後の渓 >>