2015年 06月 28日

んん?もしかしてまだまだいける、か?鬼怒川

もうこれが最後!
二度と手を出しません!

もう何かの中毒患者と同じなのであります。
増水、高温、高水温、水生昆虫のハッチ激減・・・。
なのに、誘われる、すぐにノル。

M下さん、Guroちゃんの二人の患者さん同行。
さらに「イケナイヤク」の味見に興味津々の沼津Nださん、Hトシさんの二人と羽生PAで待ち合わせ。

しかし自分は到着早々川の状況を見て一気にやる気が失せてしまいます。
他の初期罹患者たちはやる気満々なのです、朝からおなかの調子が悪い沼津のNださんを除いて・・・。

初老のNださんとボクは近くの「かたくりの湯」へ10:00AMから一番風呂&ビール!
二人で霧雨の中露天風呂でくっだらねぇ~話をしながら1時間以上も過ごします。
f0064359_13182437.jpg
仕事を終えてから100%毎日呑んで最終電車で帰る生活を長年しているNださん、とにかく隙があればすぐ寝る!
f0064359_13183790.jpg


15:00PMに迎えに来てもらうまで我々二人はグーダラ過ごし充電完了!
昼間っから温泉に入り酒を飲み雑魚寝をしていた我々も、一旦Flyfishistの装備一式を身に着けるとシャッキ~~ンと、
したような気がします。

水量も幾分落ち着いたように感じる下流部に行きます。
水量が少なかったときにはまったくヤマメが付きそうになかった場所を重点的に観察してみます。
5月の下旬からこのあたり一帯は10~18センチクラスの稚魚が盛んにライズを繰り返すようになっています。
この日も大きな流れの中にできているわずかな撚れの前後左右で、
目に見えない流下物に小さな波紋を残していました。

しばらく幼児たちの教育係をして遊んでいると、対岸寄りの筋に#16クラスの明るい色のダンが時折流されていきます。
するとそれまでの幼児たちの臆病なライズとは明らかに違うライズが起きました。

この時期になっても餌さえ流れてくればちゃんとライズをしてくれます。
f0064359_13511494.jpg
この川は通えば通うほどいろんなことが見えてきたり、逆に謎が深まったり、なのです。
鬼怒川だけ7、8月はいらないので、その分5、6月を倍にしてもらえませんかねえ。





# by flyfishist | 2015-06-28 14:03 | フライフィッシング | Trackback | Comments(8)
2015年 06月 23日

9日ぶりの鬼怒川でぇ~、34!

今日は久しぶりに早く帰ったので続けて投稿です!

28日、日曜日。
ここ数日間ちょっとハードな仕事が続いたので、「家でグータラ寝ていたい」というまったくもってダメ人間の一面が顔を出しそうになります。
こんな時は何人か同行者を集って半強制的に行くしかありません!

ボクが正しい休日が過ごせるように叱咤激励しながら付き合ってくれたのは、K下さんとGuroちゃん。
イイ人たちです。

午前中水温の低い上流部へ行ってみますが、やっと見つけたライズの主は22㎝・・・。


夕方は少し雨が降りそうなので、一か八か一気に下流部へ突入です。

あるプールへ行ってみると、なかなか渋くフライには全く出てくれませんがかなりの良型が何匹かライズします。
押したり引いたり・・・、この手のライズは時間の経過とともにこちらもヤマメも疲弊します。
つまり釣れる確率がグングン下がっていくわけです。

いつまでもハマっているK下さんとGuroちゃんを置き去りにし、自分だけフレッシュなポイントへリフレッシュしに向かいます。
5月の後半に40㎝を釣ったポイント。
それ以来、2回ほど見に来ましたがまったくライズはしませんでした。
あの時の狂喜乱舞がウソのようです。
その時比べて今回は水量が全然少ないので違うポイントに見えます。

プールの頭、流れ込みの方に目をやると流心の向こう側で小さいけれど、パシュッという勢いのあるライズが何度か繰り返されています。
あまり大きくはなさそうですが結構簡単に釣れそうです。
流下物は例によって全く見えませんが、これだけライズしていれば何とかなりそうです。
・・・。


・・・。
出ない。

落ち着いて状況を見てみると、単純な流れのように見えて、相当ドリフトが難しい流れであることも分かりました。
元気の良いライズが多数起きていると、やはり冷静な判断力が失われます。
#12の適当なフライをティペットから外し、#18のカディスを結びます。

3度出ましたがすべてローリング中にバレました。
思っていたよりずっと大型でした、確実に尺がらみです!
フライが合っていないせいか、出方がそれまでのライズと明らかに違います。

4本くらいフライをチェンジしました。
う~~ん、出ない。

あったまに来たので
#11のデカスピナーをブン投げてみます!

ケケッ、ほらね、回転寿司でまさかのチョコレートパフェが回ってきたとき、
思わず手に取っちゃう、うちの奥さん並にアホなんですよ、魚類って。

このストマックにこのフライ、ザマーミロなのであります、人類をナメンナヨ魚類め!

f0064359_21160966.jpg

グジョグジョになったフライを乾かし、同じようなバカヤマメどもに投げつけてくれます・・・。

・・・さすが渓流の女王様、ウソのようにもうまったく無反応。

「ン?何のためにストマックしたんだ?!」
雷が鳴り始め急に暗くなってきたので、#22クラスのこんな地味なカゲロウで釣りたくない!
たとえ出たとしてもこの尺前後と思われるヤマメで、この流速ではバレルのがオチ。
チョイスしたのはこちらがギリギリ許せる#18パラシュート。
これなら流心の向こうの厄介な流れの中でもなんとかなります。
ヤマメの要求とこちらの要望の折り合いをつける。
でも必ず自分に有利なように。(ここ大事)

こういう場合、フライのチョイスも重要だけれど一番大事なのはドリフト。
これさえ100点取れれば、多少フライの大きさがずれていてもダイジョウブ。

ただし、たくさんのヤマメがライズしていても、絶対に適当な場所に流してはダメ。
冷静に観察すると、1匹1匹がそれぞれちゃんと自分なりのリズムでライズしています。
そのリズムにリンクさせます。

稲光と雷鳴が共演する中、34㎝。実にスリリングなシビレルやり取りでありました。
f0064359_21375144.jpg
このヤマメの写真を撮っていると、とんでもない雨が降り始めてしまいました。
先ほどまでライズしていた水面を見ると、激しい水しぶきで乳白色に見えます。

下流にいる二人も凄まじい雨の中トボトボと河原を歩いてきます。
歩きながら釣果を報告すると二人とも目の色が変わります。
運悪く(?)雨も急激にに小降りになり始めました。
K下さんが時計を確認してます。
「まだワンチャンスありますよね!」

二人は小雨になった広い鬼怒川の濡れた河原を急ぎ足で、先ほどボクが釣ったポイントへ消えていきました。

さて二人の収穫は・・・
二人ともギラギラしたまなざしでボクに視線を向けました。
「すごかったぁ~!」
「なんなんですかね、あのライズ!」
「いや~楽しかったぁ!」
「あんなのハジメテ」

良かったです、とても。
二人に鬼怒川の「あの手の」ライズがいかに面白く難しくコーフンするかが分かってもらえて。
あの状況であっけなく釣れちゃったら、「そこにこの川の奥深さと神秘性がある!」ってことが分からずに一生を終えちゃいますもん。






# by flyfishist | 2015-06-23 22:00 | フライフィッシング | Trackback | Comments(6)
2015年 06月 12日

鬼怒川、平日コッソリ釣行

6月12日金曜日、明日からの週末の土日は仕事なので勝手に振替前倒し休日。

平日突然、「釣りに行こう」と誰かを誘うと来そうな連中はボクの周りにはゴロゴロいるわけですが、
正しい勤労者の生活や思考を乱すことはしたくないので、こっそり(なぜか家族にも)出発です。

天気はいい感じであります。
でも最近思うことは、水温の低い上流部に関しては晴れたり曇ったりでカラッとしているような日のほうが、
例えハッチが少なくともヤマメは活発なような気がしています。
もちろん水深がありゆったり流れるフラットではなく、溶存酸素が豊富で底石が多く入り流れが複雑な流心部に限りますが…。

で、曇天なので下流部に行ってみます。
さすがにもう下流部はダメかな、と思っていましたが、やはり少しでも流下物が目に入ってくるとライズする個体がいるんですね。

見える範囲で5,6匹のエラブタダンが流れた後釣れた28
f0064359_20332682.jpg
その後単発ライズはやっているものの、全く歯が立ちません。

夕方は上流部の前回33.5㎝が釣れたポイントへ行ってみました。
もう34㎝になっているだろうとスケベ心を出しましたが、見透かされました・・・。

次は28日日曜日まで釣りはお預けであります・・・。
きっついなあ・・・。


# by flyfishist | 2015-06-12 19:59 | フライフィッシング | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 10日

お泊り鬼怒川釣行

鬼怒川本流のめくるめくフライフィッシングハイシーズンもそろそろ終わりなのかな・・・。
そんな6月6日、7日の土日に釣りバカ、釣りアホ、釣りマヌケと、ワタクシ釣りジーニアスの4人でお泊りで行ってきました。

正直、二日間も釣り三昧生活を送っていられるほど仕事に余裕がないのです。
なので月火水と尋常ではない忙しさで毎夜遅くまでグヮンバッテおります。
でも不思議なもので、釣りのためなら仕事もたのし、なのです。
そういえばここ数日、まともに奥さんと息子に会ってないなあ、一、二度階段ですれ違ったような気がする・・・。



鬼怒川がいくら広いからって、二日間を4人でぞろぞろ釣り歩くわけにもいかないので、
主にボクとKuroちゃん、M下さんとMサルくんがコンビを組みます。


命をかけて向かったポイントは一回もライズなく撤収・・・。
f0064359_20470116.jpg

予報より天気は崩れず例によってあちこち放浪します。
Kuroちゃんと大きなプールの左右に分かれて入ります。
Kuroちゃん側は最下流部、こちらは流れ込み付近でやっとライズがし始めます。

二人共ズーボーギリギリ脱出・・・。
Kuroちゃんも今シーズンやっと鬼怒のヤマメを手にして、宿では飲めないはずのお酒を飲んで幸せそうでした・・・。
まだまだこれからなのに・・・。


押しの強い本流の流心で何度も繰り返していたライズは見向きもされません。
そのライズがあっという間に終わった頃、手前のやや流れの緩い場所で静かに口先だけ出して中型のマダラを食っていました。
この手のライズは比較的容易に釣れたりします。
実にあっけないほどに・・・。
それにしても釣れたヤマメが1匹で、しかも30cm!
さすが鬼怒の川であります。

メジャリングしてみると30cmピッタリ!
f0064359_21031556.jpg




さて、翌日の日曜日は実に清々しい初夏の終わり、という感じのお天気。
こういう日はキリキリせず、大きな瀬の中で貴重なライズを探し出して楽しみます。
f0064359_21191196.jpg
あちこちの大きな流れに入って、夕方までたまに起きるライズと対峙して遊びます。


昨日と同じポイントにKuroちゃんと再び向かいます。
このポイントは過去にも何度も来たことがありますが、
こんなガンガン瀬の、大きく波立つ中で、失禁クラスの複数のヤマメがライズを繰り返すのを初めて見ました。

Kuroちゃんも流石に緊張しているようです。
彼のティペットを見るとフライサイズに対してティペットが細く感じられました。
「Kuroちゃん、ティペット、5Xにしなきゃダメだよ! 今すぐ換えな!」

まだまだ明るい時間ですが、細かい作業に手こずっているようです。
彼と知り合って15年ほど経ちます。
彼もそういう作業に苦労する年齢になっているんですね。
そんな彼の後姿を愛おしく眺めます。
15秒も眺めているとすぐ飽きて、だんだん激しくなるライズのほうが気になり始めます。
しかも下流のボクの方に寄ってきてます!

チラッとKuroちゃんを見ますとようやくフライをチョイスする段階です。
あれ?気づくとボクの左手が自動的に動き出しリールからラインをジャージャー引き出しています・・・。
釣りのやりすぎで、特殊な自律神経が異常に発達してしまったため、頭で考えるより先に手足がオートマティックに動き出すんですね。
一流のアスリート並みであります!

大きく波打つド流心で楽しそうに浮かれ騒ぎライズをしてたヤマメに、
大きなマダラをプレゼントします。
黒く重い質量の大きそうな流れから、遠目でも夕日を浴びて銀色に光る上半身が現れました。

で、33.5cm!
f0064359_21440861.jpg


「えっ!?釣っちまったのかよ~」的な目線を送ってたKuroちゃん、
ダイジョウブ、まだやってるよ!

ボクが自分の釣ったヤマメの写真を撮り終えるころ、
なんだかドシャバシャ騒がしいので振り返ってみると。。。!!

大きそうなヤマメにガンガン下流に走られています。
Kuroちゃんよりこちらのほうが緊張し慌てふためいてしまいます。
この男、相当緊張しているはずなのに結構余裕の笑顔でやり取りをしています!
今年一番の大笑顔~~!
で、30㎝!
f0064359_22323933.jpg
二日間二人で釣れたヤマメが5匹、そのうち尺が3匹という鬼怒川の特殊性がわかる釣果なのでした。






# by flyfishist | 2015-06-10 20:00 | フライフィッシング | Trackback | Comments(11)
2015年 06月 01日

1240、新記録がふたつも!・・・どうしよう

皆様今晩は。
ご機嫌いかがでありましょうか。
言うまでもなくワタクシはいたってゴキゲンなのであります。ウヘヘ。


先週の24日、日曜日はGUROちゃん、M下さんの3人で行ったわけですが、
14000歩もほっつき歩いた割に、23センチ1匹という悲しい結果に終わったのであります。

しかしその時の足腰強化訓練は、まさに次回の週末のためのものだったのであります!


今回、30日、土曜日は朝から相模原市のお客様のところで新規オープンの準備のサポートの予定が入っていました。
何時に終わるのか全く予定がたちませんでしたが、当然車には釣り具一式と車中泊用の布団なども積み込んであります。

たくさんの方々の協力もあり思っていた以上に準備はどんどん進み、お昼ちょっと前にはすべて終了しました。
「特上ずしとるから一緒に食べていきなさいね」とオーナーは言ってくれましたが、
今は特上ずしより魅力的な鬼怒川がボクを呼んでいるので丁重にお断りさせていただきました。




灼熱の東北道を北上するにつれ、気分は一気に仕事モードからフライフィッシングモードへ。
f0064359_20155996.jpg

車中なんとなく決めていたポイントへ着き、しばらく川と虫の様子を見ますが昼間の猛暑がまだ残る川面には何の生命感もありません。
そこで次に気になるのが皆さんと同じ、そうベイスターズの試合経過ですよ。
今年は本当に試合内容が面白い。
最高の形で勝利を収めたことをスマホで確認し釣り開始です。

まずはエラブタダンで27センチ。
f0064359_20152244.jpg
9寸ヤマメクローズアップ

暗くなる寸前フタオカゲロウのDDスペントで29センチ。
f0064359_20172794.jpg


この日はハッチもスローでライズはこの釣れた2匹の他にフライを流しても全く反応しなかった2匹だけでした。
先週あれだけ歩き回ってやっと1匹だったのに、今回は夕方に着いて野球観戦しながらでも釣れちゃうんです・・・。
釣れる時はこんなもんです。





日曜日は世の健全なおとーさんたちには絶好の家族サービス用天気に。
f0064359_20335345.jpg
道の駅で車中泊をし、朝起きてみると崩れるはずの天気は大外れのドッピーカン。
午前中は今年初めて入るポイントへ放浪がてら行ってみますが、暑さと強風で川も虫もヤマメもボクもまるでやる気なし・・・。
こんな日の昼下がりはあたふたしても仕方ないので、木陰に車を停めさわやかなお昼寝をするに限ります。

ちょっと寝すぎたか、時計は3:30PM。
乾かしておいたウェーダーとソックスを再び履いて、どこに入るか一通り車で偵察します。
候補にしておいた2か所のポイントにはすでにそれぞれ何人か入っております。

2週間ほど前、同行したH島さんが良型連発したポイントへダメもとで行ってみます。
1時間ほどしてからやっと数匹が単発でライズ開始してくれました。

やっと釣れたのは突然始まった手前のライズ主、#16カディスで28センチ。
f0064359_20333454.jpg

他にも9寸クラスが2匹ほど単発ライズをしていましたが、まったく歯が立ちません。
ラインを下流に流しっぱなしにして途方に暮れていると、「キュキュギュン」と勝手に釣れています。
先週某所で某M下さんが31センチを釣った新釣法と同じやり方です!

おおっ!何かを予感する記録的“小ささ”
f0064359_20391024.jpg

ただしこちらは、12センチでありました。
鬼怒川での新記録であります!

うん、何事も新記録は大変結構なことで縁起の良いことであります。

このポイントで2匹も釣れたので、釣られる気のないダメなライズをするバカチンヤマメはほっておいて、
2つ上の大きなプールへ行ってみることにします。

よたよたゴロタ石の河原を、前日東北道下り線羽生SAで買ったアンパンをバッグから取り出しパクパクしながら歩きます。
途中のプールは過去にボク自身まったく実績のなかったプール。
岸から少し離れて横目で見ながら歩いていると・・・!!!。
ライズ!
しかも2匹!

食いかけのアンパンを袋ごと岸際に放り投げ、水分のなくなった口の中のアンパンをモグモグしながらラインを引きずり出します。
水面にはわずかに小さなヒラタが流れています。
フライをチェンジし確信をもって自信満々にフライを流しますが全く無視・・・。
相変わらず静かで上品なライズを繰り返しています。
水面上にはほかに目立った流下物は見当たりません。

突如、そのライズより10メートルほど上流の流れの筋が収まるあたりで、バシュン系ライズが始まりました。

型は上品ライズの主より良さそうです。
そうっと水流を乱さないように足元を気を付けながら上流へ移動します。
足元の水面を見ると、なんとまだ新鮮なモンカゲスピナーが浮いています。
よくよく見るとあと数匹確認できました。
上空を見上げても一匹も確認できないのに・・・。

この区間はもうモンカゲは終わっていると思っていました。
ティペットを5Xに替え、今日は出番がないだろうと思っていたモンカゲスピナーパターンを結びます。
恥ずかしいくらい大きなフライを、ライズしたあたりに流しますと一発で出ますが2,3回のローリングでバレてしまいました。
しかし、確実に9寸オーバーの感触です。
バラしたあとまるでスイッチが入ったかのように、数か所で同じようなライズが始まりました!
こちらも一気にテンションが上がり、100%戦闘モードに突入であります。

フライをドレッシングし直し一番釣りやすそうなライズにキャスト!
バシュン!

f0064359_21115446.jpg
感動的な夕焼けをバックになんと32センチであります!
10枚ほど写真を撮ってふと気づくと背後ではまだライズ音がしています。

フライは乾燥パウダーで乱雑にゴシゴシしてからざっと形を整え即キャスト!
バシュン!
f0064359_21153909.jpg
ランディングしている最中も数か所でライズしています。
もう写真なんかとっている場合ではありません。
証拠写真的に適当にシャッターを押し、さあ、つぎつぎっ!

ワンキャストでバシュン、再び9寸オーバー!

さすがにフライがボロボロになったので、上目でライズを確認しながら新しくフライをセットしなおします。
落ち着いて一番大きそうなライズをチョイスします。
流心の向こうのへんてこなイヤラシイ撚れの中のライズ。

フライボックスの中から一番うまく巻けた、未使用の美しいモンカゲスピナーパターンを、
ライズポイント上流1メートルにキャストします。

漂う華奢なフライに、まるで夢の中のシーンのように圧倒的存在感をまとったドルフィンライズ。
フッキングの瞬間、その暴力的な生命力でSAGE TXL710 #3が気の毒になるくらいひん曲がり続けます。

それまでに釣れていた良型ヤマメの写真を撮るたびに、砂地へ放り投げていたクリックタイプのリールは砂を噛み、
ラインが引きずり出される都度、ガリガリッと嫌な音を立てます。
このままではまずいので、リールから一旦ラインを手で思いっきり引き出しギアに噛んだ砂を強制的に飛ばしておきます。

10数メートル下流まで走られ、足場の良いところで寄せようとしますが、あと3メートル位になると再び流心へと突進していきます。
やり取りをしている間に陽はどんどん落ち、すっかり薄暗くなってきました。
フライが大きいのでフック外れによるバラシは心配なかったのですが、
ここまで大きな力がかかり続けるとリーダーとティペットのつなぎ目のブレイクが心配になってきます。
こんなに緊迫している状況にもかかわらず、片手でカメラを取り出しスイッチを入れ動画ボタンを押してました。

デデッ、デカッ!
f0064359_21524467.jpg
下品な写真でスンマセン。
妻が洋裁で使っていた愛用のメジャー、当ててみると奇跡的にぴったり40センチメーーーートルッ!!
今日は12センチと40センチの鬼怒川新記録2本立てなのであります!

もう、自然河川で釣れるヤマメとしてはリアリティーがなさ過ぎて頭も体も完璧に混乱しました。
まさか、この場所で、このフライで、このロッドで、この手で、この自分が、それが今だとは・・・。

実はひそかに憧れ、しかしなぜか恐れて自分には関係がない風に、その存在を無視し続けていたヨンマル・・・。

どうしよう・・・。
「なにが」、だかわかりませんが、「どうしよう・・・」
いま、そんな訳のわからない心境なのであります。




# by flyfishist | 2015-06-01 22:37 | フライフィッシング | Trackback | Comments(12)