Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:考えるコト( 1 )


2012年 08月 23日

0% or 100%

「政府は「脱原発依存」を掲げ、2030年には原発比率を「0%」「15%」「20~25%」の3つのシナリオを検討している。」

誰がそんなシナリオ書いたのか。
この3案の数値を政府が出したところ、すぐにいろいろな方面から、
「この3案は、中間の15%に誘導するためのものだ。」
という声があがりました。

まあ、そんなことはすぐに誰でも気づきます。

ボクが一番不可解なのは、この3つの%の数値の意味です。
0%と15%、0%と20~25%の間には、それぞれ絶対越えられない壁があります。
では、15%と20~25%の間の壁っていうのはなんなのでしょう? 障子か?
意味のあるシナリオとは、「 0% or 100% 」、でしょ?
その中間の、中途半端な%は全く意味をなさない。

そもそも、「2030年」における原発割合?
どうして2030年まで今回の震災や津波と同等かそれ以上の災害が起きないと、
のんきに考えられるのでしょうか?

2030年。
ノダさん、73歳。
ワタクシ、71歳。
ビミョ~です。
だから、のんきなのです。

2030年。
今年春に生まれた隣の家のケイちゃん、18歳。

オラ達じっちゃんばっちゃんに選択する権利なんかあるのでしょうか・・・。
ケイちゃんたちはどう思っているんだろうか・・・。

これは18年後ではなく、まさに今日明日の問題なんですよ。

姪っ子のクレハちゃん。この子のお姉ちゃんはトーレちゃん、ではなくマシロちゃんといいます。
ボクの大好きでとても大事なもの。
原発を今後どうするか、はこの子たちの事を常に頭と胸の中心にしっかり据えて深く考えてほしい。

f0064359_2204362.jpg


あのですね、15%とか25%くらいなら、まあいいじゃないのか、とお考えのそこのアナタ・・・。
現在日本にある51基の原発、そのうち仮に15%稼働させると7基の稼働。


訂正:とんでもない間違いしてました・・・。
当たり前ですが、15%というのは全原発数の15%ではなく、総発電量の依存率15%なわけです。
震災前の総発電量に対する原発依存度が約25%。
50基の原発をもっていて25%の依存率と言う事は、
15%の依存率にすると単純計算で30基は必要になるって事?ですよね。


こう考えると、大飯原発動かしただけで大きく揺れた世論ですよ。
それをさらにあと30基動かすなんてそれこそ現実的ではないように思いますがね。




その7基 その30基の原発を背負わされる日本のドコカ村。
日本全体では15%にしたけれど、
そのドコカ村とその周辺地域、(とはいっても半径数百キロ)にとってはドンと原発が100%そこにある。

「いやいやその残された7基は厳選された最新鋭機種で、しかも原発の立地条件としては、
これ以上ない安全性が確認されているんだからダイジョブなのですよ。」


ああ、そうですか・・・。
たぶん、いや本当にそうなのでしょうよ。
「もう一回だけ」信じましょう。

だったら、15%や25%なんてチンケなこと言わないで、
どうして政府は、こう言わないの??
「心配性の国民の皆さん、もう安心です!絶対ぶっ壊れない超絶原発なのですから、
景気よく来年度から2030年にかけて原発100%依存で行きましょうや!!責任は私がもちます。」

ボクは今現在のこの状況では、(ありとあらゆる想定において100%の安全が保障されていない。)
大飯原発をはじめ既存原発を再稼働させる事には非常に違和感を覚えます。
稼働さえしていなければ安全だなんて、もちろん思っていませんよ。
でもね、原発に関するデタラメぶりが、白日の下にさらされたこの今、
平然と能面ヅラで「わたくしが責任を負います!」と感情の無い言葉を発し、
スイッチオンしちゃうマンガみたいな事件が悲しいのですよ。


原発を稼働させるのには99%ではなく、キッチリ100%の安全性が確保されなければ絶対にダメでしょ。

それはつまり、原発そのものの安全から、それの管理運営上の安全。
また、今回のような想像をもはるかに超える自然災害からの「絶対的」安全性の確保。
さらに言うならテロなどの有事の際、例えば弾道ミサイルをぶち込まれる、
大型旅客機が突っ込むなどがあったとしても、びくともしないモノになってなければなりませんよね。

でしかも、放射性廃棄物の問題はクリアされていてあたりまえで、トータルコストが安く、
核燃料の安定的な確保が担保されているというなら!、
ガンガン原発依存100%にしちゃいましょうよ。

それどころかそんなに安全なら、もっと小型化して各市区町村レベルで1基ずつ持っちゃう?
そうすれば、発電所から延々と何百キロも銅製の送電線を通し、
膨大な電気抵抗ロスを食らいながら無理して電気を送らなくて済みますしね。

全市区町村数の1748基!
造ろうよ、ノダさん。
だって、絶対ヒャクパー安全だから大飯原発再稼働したんでしょ。
いや~、ジミン糖さんにも提案してくれないかなあ。
乗ると思いますよぉ。

このイノべイショナルな公共事業だけでも、一体どれだけの景気刺激になるか。
しかもただの箱モノではなく、「夢と希望と豊かさ」、を長期間我々国民に与えてくれる、
まさに玉手箱ではないですか!ねぇ。

ただし、
絶対に「悪夢と絶望と恐怖」、を長期間我々国民に与えるようなことにならないようになっ。

by flyfishist | 2012-08-23 22:12 | 考えるコト | Trackback | Comments(0)