2007年 04月 04日

ウェーディングシューズ

ワタクシは基本的にフライフィッシングの道具には凝らない性分です。
でも、こだわりはあります。

特に道具としての機能性の高いもの。
ヴェスト、ウェーダー、ウェーディングシューズ・・・。

フライフィッシングを始めて27,8年経ちますが、ヴェストはいままで5着しか買っていません。
一回使い慣れちゃうとポケットの位置とか、ファスナーのすべり具合が変わるのがとても嫌になるんです。
1着あたり5,6年は酷使しますので、現在使用中のものが破損してしまうと次のヴェスト選びがとても大変です。
今まさにそういう状況です。
同じモデルはほとんど廃盤になってしまっていますから。

消耗が激しく、毎年購入するウェーディングシューズの選択にはホント頭を悩ませます。
おもての倉庫にはまだ履けるウェーディングシューズが6足位入っていますが、実際使用するのは2足だけ。

そんな中、今年解禁前に購入した「リトルプレゼンツ」の「ライトウェイトWDシューズ」は軽くて柔らかくてグリップ力が非常に高く、おまけに激安価格で大変気に入っております。
まずワタクシの足型に非常にフィットしており、ちょっと厚めのソックスとウェーダーのネオプレーンソックスの厚みを加味した時のサイズが表記サイズとまことにマッチしております。

「リトルプレゼンツ」の「ライトウェイトWDシューズ」
f0064359_152658.jpg


世に出回っているウェーディングシューズといわれている商品は、はっきり言って使い物にならん駄作が非常に多い。
ゴツくてコバがでかくて硬くて重い、しかも(だから)価格が高い。

10年ほど前に買った某有名メーカーのウェーディングシューズ。
デザインと価格につられてうっかりカタログだけ見て購入してしまいましたが、2回ほど履いて川での使用を諦めました。
靴底に鉄板がはってあるんじゃないかと思うほどカッチンカッチンです。
これではいくら高性能のフェルトがはってあっても、接地面積が少ないため全くフリクション感が得られません。
川に入る前、頭大の丸石がたくさん埋め込まれたコンクリートの土手すらまともに歩けません。
そんなウェーディングシューズを作っている方々は本当に渓流で釣りをしたことがあるのか!と強く問い詰めたい!

その駄作ウェーディングシューズモドキを履かせたカール・ルイス(現在の)と、1万円そこそこの「ライトウェイトWDシューズ」を履いたワタクシが、ヨ~~イドンでもう一個上流のライズまみれのプールまでダッシュ競争したら絶対ワタクシが勝ちます!
こう見えても中学3年のとき記録会で100メートル走で13秒2を出しました!(確か・・・)

まあ、後は耐久性ですがワタクシの使用状況で1年もってくれれば大合格です!
どうか、来年も再来年も廃盤にしないで作り続けてくださいね、「リトルプレゼンツ」さん。
「そんなに心配なら10足くらいまとめて買ってよ。」なんていわないでね。
ワタクシ、イメルダちゃんではありませんので。

f0064359_120235.jpg


by flyfishist | 2007-04-04 01:25 | フライフィッシング | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://flyfishist.exblog.jp/tb/5052835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 江バ at 2007-04-04 21:29 x
昨年、カチコチに凍ったchotaのウエーディングシューズを見た時、
「あっ」と思いました。
現在、私はchotaの同じモデルを使用してます。
で、とっても気になっていたのが、リトルプレゼンツのこのシューズ
安価な割りに良い感じと思ってました。
「今度はコレにしようかな」と考えておりました。
(イヤがられるとかなあ)
今日の江戸は雪がチラツキましたが、さて伊豆の釣果は??
Commented by flyfishist at 2007-04-05 01:15
江バさん、
chotaのウエーディングシューズは履き潰しました。
芦ノ湖用に買ったのですが、足の出し入れが楽で川でも使っていました。
「ライトウェイトWDシューズ」お勧めです、今のところ。
あとモンベルの「フォーディングブーツ」も似たようなフィーリングが味わえます。
ただしサイズが28センチまでしかなく、このサイズで厚手靴下プラスネオプレーンソックスではワタクシには小さすぎて履けません。
幅も少々きつめです。
仕方ないのでウェーダーを履かない夏場の源流用にもっぱら使用しています。
今の若い人たちは「○×の大足」が多いので、モンベルさんにはぜひあと2センチ大きいサイズのを作っていただきたい。
幅も広くね。
Commented by アマノ at 2007-04-12 17:41 x
僕はリバーガイドのソールが張り替えできるシューズを愛用してますが5年位履きましてそろそろボロボロなので同じ物をと思ったら
なんともう廃盤のようで、、、。あれはゴムとフェルトが使い分け
できてとっても良いです。紐はチョータのゴムのものに変えてあり
これまた脱ぎ剥ぎが楽です。
どっかのを買ってきてソールを改造しようか思案中です。
Commented by flyfishist at 2007-04-12 20:25
リバーガイドのステルスソールモデルは数年前履き潰しました。
千曲川川上地区の土手のコンクリート護岸をまるでエスカレーターに乗っているみたいに直立のまま降りて行けた事に感動を覚えました。
林道歩きにも最高ですね。

でも、地蔵堂川で履くには自殺行為ですが・・・



<< やればデキル!      今シーズン11回目のフライフィ... >>