Flyfish*ist

flyfishist.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 07日

やっとやっとの狩野川9寸アマゴ。

相変わらずドピーカンの狩野川はハッチがショボイです。
年によって、日によってはこの時期こんな快晴の日でもハッチ、ライズバンバンっていう日もあるので、
結局しょっちゅう来なければならないわけですね。
まあ、嫌いじゃないですけど・・・。

こんなお花見日和の日には、桜が盛大に咲いているだだっ広い川の中を散歩するのもいいもんです。
少々きつめの風の中を颯爽とラインをのばし、フライを瀬の中へと流し続けます。
相変わらずハッチがないと超一級のポイントから、こんなサイズのアマゴしか出てきません。
f0064359_21291534.jpg



「今年はサイズは小さいし、数も少ない・・・。」
当初そんな風にみんな思っていました。
でもここ最近、条件の良い日に釣ってみると、決してアマゴの数は少ないってわけでもないし、
少しずつ8寸クラスも顔を見せるようになってきました。
ただやはり、川の状況の安定と大量のハッチが起爆剤となります。

午後遅くになって、ハッチとライズを期待して、
今シーズンあまり良いライズを見ていないドデカプールに行ってみます。
流れ込みには東京から来られたというエサ釣り師が立ち込んでいました。
話を聞いてみますと、やはり今シーズンはあまり良くないとのことでした。
陽が陰って急に冷え込んできたころ、そのプールのど真ん中の水面直下で、
シュッ、スヮッ、という感じ(?)でライズしているアマゴを発見しました。

いやらしいライズです。
ただヒラタのダンも徐々に数を増してきました。
このダンの食い始めのしょっぱなが勝負です。
射程距離に入って角度もいい塩梅の時を見計らい、
鼻っ面90センチ(!)上流ににフライを落とすと何の迷いもなく、ボシュッ!
f0064359_213207.jpg


やっと狩野川本流らしいアマゴが釣れてくれました。
このまま順調にサイズ、数ともに伸びて行ってくれればと思います。



All photos・・・
OLYMPUS PEN E-PL1  
   G VARIO ASPH.  14-45mm   F3.5-5.6


by flyfishist | 2012-04-07 21:34 | フライフィッシング | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://flyfishist.exblog.jp/tb/17398078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by G2cream at 2012-04-08 00:07 x
狩野川本流のアマゴおめでとうございました!

ボクもイブですが◎でした(^^)
Commented by angler002 at 2012-04-08 06:48
おおぅ~♪

狩野川本流アマゴ...なんて素敵なんでしょう\(◎o◎)/!

あ゙ーーーー!?
羨めしやァ~(^^ゞ
Commented by somebin at 2012-04-08 13:43 x
いいじゃあないですか!これ、ですよねえ。ヤンヤ、ヤンヤ!
Commented by flyfishist at 2012-04-08 23:25
G2creamさん、なんとまあいきなり多数及び良型!!

そうでしたか、みんな元気にしてましたか・・・。
でもそれは、そこのヤマメの将来に対しては何の保証もありませんね。
それと・・・、ワタクシたちニンゲンに対しても。
Commented by flyfishist at 2012-04-08 23:27
angler002さん、今日も仕事の後午後遅くから行きましたが、
不発にて終了しました。
このリベンジは今週末までには、是非しておこうと思います!
Commented by flyfishist at 2012-04-08 23:30
somebinさん、今日地元のダブハンウェッターにお話を伺ったところ、
やはり下流部もよくないそうです・・・。
今シーズンの狩野川、この写真のアマゴが、
「ベストワン」になっちゃう予感大です。
Commented by jacamano at 2012-04-10 19:33
9寸イーナー、9寸イーナー、、、。
ボクは強風で撃沈でした(笑)。
Commented by flyfishist at 2012-04-10 21:41
jacamanoさん、強風なんかに負けちゃダメです!

おじさんは風の子・・・もとい、おじさんは風のおじさん、でした。


<< こんにちは。「なるぅお」と申します。      嵐の来る前に・・・。Ⅱ >>