2010年 08月 29日

遠い遠い、岐阜県宮川水系

岐阜県も良質の渓流の宝庫です。
毎年、年数回は訪れているのに、今年は初めてです。
それだけ今年は、ハイシーズンに栃木県の“あの”川へいかに偏執していたかが分かります。

今回は久しぶりの4人編成。
自宅から5時間以上もかかるため、同行メンバーが多いほど心強いです。
しかも常人では考えられない日帰り釣行。
ワタクシに日曜日のお昼ころ仕事が入ってしまっているため、
お泊りを望んでいたみんなには迷惑をかけました。

さて、目指す川は決して大きくはありません。
でも毎回まあまあ型の良いイワナたちが素直にパクパクフライを咥えてくれ、
高地独特の爽やかさも伴い大好きな渓流のひとつです。


当日は先行者を含め多数の釣り人たちが、渓沿いの林道を右往左往しておりました。
聞くところによると、8月の夏休み期間相当数の釣り人が訪れ、
その後パッタリとイワナの数が激減したそうです。

渓流釣りをして絶対に渓魚をもって帰るな、とは言いませんが、
やはり上流部の小渓流ではそのダメージは相当なものとなります。


この小さな渓流の本流筋からは、先行者のためか反応がほとんどありません。
ふと、左岸のブッシュの中を見ると、静かに細い分流があります。
渇水にもかかわらず、しっかり生きた水を流しているようです。
ちょっと覗きに入ってみます。

小さな小さな落ち込みや、深みには本流筋では決して見られなかった多数のイワナの姿が確認できました。
大きさはみんな7寸程度ですが、透明度の高い冷水の中を強い太陽の陽を浴び、
元気いっぱいに泳ぐ姿を見るということは実にわくわくいたします。

心優しいNaturalist以前に、ワタクシはれっきとしたFlyfishistなわけで、
やはり、しばらく泳ぐ姿を観察した後は、とーぜんフライを浮かべてみたのでした。


まるで自然の作り出したビオトープの様な生活環境。
ほほえましいことに、この倒木の下に5,6匹のイワナたちが見え隠れしていました。

f0064359_23616.jpg



このちっちゃな流れで育ったのか、大きさの割りに立派な身体のつくりと、発色、配色をしております。
f0064359_2373649.jpg



山の生き物達は、とっくに秋の到来を感じ取っているのに、
我々ホモサピエンスは、連日居残り続ける夏の残骸を本気で恨めしく思っているのです。

f0064359_23144857.jpg





なかなか釣れないと、やっと手にできたイワナたちを全力で愛でたりします。










All photos・・・
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 M.ZUIKO DIGITALED 14-42mm F3.5-5.6


by flyfishist | 2010-08-29 09:12 | フライフィッシング | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://flyfishist.exblog.jp/tb/14489536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FLYINGAMAGO at 2010-08-30 23:28
肥満おじさん、チョーうれしそう~♪♪
Commented by jacamano at 2010-08-31 23:12
岐阜に日帰りですかぁ、、、スゴイ!
名古屋の友人が良く岐阜に行くのですがいい川いっぱいあるみたいですね。でも、人も多いって云ってました(笑)
Commented by flyfishist at 2010-09-01 23:22
このおじさん、この1匹釣った後、すっかり安心してか小1時間河原で爆睡しておりました。
その間に、ワタクシはちゃっかり2匹追加したのでした。

岐阜も、高山周辺ならまだしも、もっとも自宅から遠い地域でした。
確かに人、いっぱいです。
あの小渓流に、4人で遠方から行った『人たち』がいるくらいですから。


<< 信濃川、最上流部支流。      初めての!群馬県 >>